ピクシブ百科事典

竜姫アーニャ

りゅうきあーにゃ

竜姫アーニャは、ブラウザゲーム「千年戦争アイギス」の登場キャラクターである。
目次[非表示]

王子さまと一緒なら、どこにだってついていきますから!
 その気持ちは、前の姿の時と同じです

概要

アーニャはイベント「竜人の侵攻」で入手できる『封印されしドラニア』に、通常はもうひとつのイベント「竜姫の復活」で入手できる『時の聖霊フルール』を用いてクラスチェンジすることで仲間になる、レアリティブラックの竜人族のプリンセスである。
千年戦争アイギスの目玉ユニットとなっているせいか、これまで関連イベントの復刻版開催が最も多いのが特徴。アーニャが(ドラニアを除けば)初のブラックユニットとなったという人も多い。

醜いと自称していた竜人の姿になる封印から開放された反動からか、語尾によく「!」が付くくらいの元気娘。
救ってくれた王子にぞっこんで、「英雄、色を好む」を地で行く王子をして、たじろがせるほどの猛烈な求愛行動を日々行っている。子供を産んで竜人と人間との架け橋にするという使命も兼ねてか、初めの頃に恥じらっていたのもどこへやら、寝室に飛び込んで逆レイプ気味に王子を求める、なんてことも。

イラストレーターはわざきた氏で、着色協力は触手さん氏である。

容姿

白くて短いスカートと白いキャミソールのような服に白い髪と白づくし。そこに青いリボン等の装飾でアクセントを付けたような見た目になっている。竜人なので尻尾と翼を持ち、角は垂らしたサイドテールの様に下向きに生えている。鞘に収めた大剣を肩から掛けている。あと紐パン。

覚醒すると服装が少し変わる。お尻が丸見えになる構図も相まって露出度が大きく上がったように感じるが、それを差し引くかの如く力強いエフェクトが散りばめられており、強気な表情で二振りの抜き身の大剣を手にする立ち絵に変化する。プレイヤーからはかっこよさと可愛さを兼ね備えた立ち絵と評判。

戦闘力

決戦兵器として設定されているのか、ブラックらしいハイスペックと、それ以上の馬鹿高いコストが特徴。

竜人族ながら、クラスの特性はプリンセス系で、通常攻撃が魔法属性で敵の物理防御を無視してダメージを与えられる。
加えてHP、防御力も高く、ブロックできる敵も2体と、プリンセスとヘビーアーマーとソルジャーを複合したような特徴を持つ。
そして、スキル『聖剣アスカロン』はどんな強烈な物理攻撃でも、受ける予定のダメージを半分にカットするという、ブラックらしいチート性能。ヘビーアーマーですら消し飛ぶような一撃でも彼女なら耐えてしまうというすごい娘である。

入手までに膨大な苦労を伴うだけにブラックらしい強力な力を秘めた彼女だが、しかし無視できない致命的な欠点も持ちあわせている。
なんと、彼女を出すには出撃コストが35も必要になる。
これは近接ユニットの中ではぶっちぎりで高いコストで、まず序盤に出すことは出来ない数値。それどころか、王子や遠距離攻撃、ヒーラーやその他のブロック用の近接ユニットの配置用のコストも考えると、配置できないまま戦闘が終わることもまったく珍しくない。マップによっては終盤コストが余り気味になる所もあるが、すでに配置しているユニットで事足りていて、わざわざアーニャを出す必要がない事が多い。
また、魔法耐性が0でスキルのダメージカット効果の対象外である魔法攻撃に対してやや脆い部分も地味にネックになったりする。

とはいえ、コストさえ確保できれば、並のユニットとは比較にならない安定度を誇るユニットであることは間違いなく、援軍スキルを持つソルジャーを駆使するなどすれば十分活躍できる優秀なユニットである。
とくにボスクラスの敵の中には桁違いの攻撃力を持つ者が多いため、そういった敵へ対抗できるユニットがまだ来ていない王子にとっては救世主にもなりうる逸材である。

覚醒

アーニャ


無かった魔法耐性が20に急上昇して一躍優秀な対魔法要員になり、さらに、ブロック中の敵の両方を同時に攻撃可能になって侍のような殲滅力まで得る、という特殊性は無いが強烈な能力を獲得する。
能力値もHPと防御力が大きく成長するため、ほとんど隙の無い強力なユニットに生まれ変わる
ここまで強くなると、膨大なコストも納得のいく切り札として王子の軍の要となるだろう。
とくにブロックした複数の敵を同時に、魔法属性で常時攻撃できる近接ユニットはアーニャのみでオンリーワンである。
を纏い、二刀流で切り払う姿がカッコイイ

スキル覚醒

二刀流のもう片方の剣を使うようになるのか、スキル名は『輝剣クラウ・ソラス』。
防御能力に秀でたアスカロンとは全く逆の能力で、効果時間中は攻撃力が2倍に跳ね上がり、加えて、ブロック中は横を通過しようとしている敵も含めた周囲にいる地上の敵全てに攻撃を行うという、超攻撃的なスキルになる。
対雑魚戦においては防御能力が過剰気味であるアーニャにとってはこちらのほうが使い勝手がいいという王子も多いだろう。
かなりの数の虹の聖霊を使ってアスカロンを成長させる必要があるが、対ボス専用にはアスカロンを、雑魚戦用にはクラウ・ソラスをと(スキル覚醒させるコストは置いておいて)選べるようになる。

余談

初登場イベントの際、封印されしドラニアを入手していないとアーニャが手に入らないことを運営が表記しておらず(これが判明したのはイベントが後半に差し掛かった頃)、なおかつそのドラニアが再入手不可能だった。
このことに際し、抗議と問い合わせが殺到する事態となったが、運営側は「ドラニア再登場の予定はない」とにべもなく一蹴し、何らかの対策はおろか謝罪すらもしなかった。
当時の運営側の余りにも瑣末な対応に嫌気がさしてアイギスを辞めたプレイヤーが少なからず出ている。
現在は過去の汚点を省みてか、復刻版ではアーニャ入手にドラニアが必須であることが明記され、その他のイベント告知においても、1回しか入手できないユニットや誤解を生みそうな部分はしっかり明記するようにしており、改善が見られている。


好感度を上げたときのセリフ

0%やっと解放されたんですね!ありがとう、王子さま・・・・・・!
15%もう竜人族と人間が争う必要なんてないんですよね?
30%これからは恩返しとして、王子のために頑張りますね!
50%醜いときのあたしを、王子さまは側に置いてくれた・・・・・・。
60%これからは共に共存できる世界になりますよね?
80%あたしが王子さまの子供を産んで、その子を架け橋にします!
100%もう決めたんです!だから逃げないでくださいね、王子さま!

pixivに投稿された作品 pixivで「竜姫アーニャ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364355

コメント