ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2020年に放送を開始したアニメ、『ひぐらしのなく頃に』。
本編も鬼騙し編に続いて完全新作である。

本編のベースは原作の綿流し編である。

全ての惨劇を超えて仲間と共に歩む未来を歩んでいたはずの梨花、再び昭和58年6月の惨劇と死のループへと引きずり込まれていた。誰が彼女を殺すのか、惨劇のルールは誰が破くのか。
雛見沢の運命は…

関連タグ

ひぐらしのなく頃に ひぐらしのなく頃に業

タイトル一覧

鬼騙し編⇒綿騙し編⇒祟騙し編猫騙し編郷壊し編
鬼明し編綿明し編祟明し編神楽し編





ネタバレ







本来高確率で詩音が暴走する世界であるこの世界で、暴走の原因となる圭一がゲーム大会で受け取った人形、梨花は圭一に「素直な気持ちで渡せば受け取ってもらえる」と言い、結果的に人形は魅音の手に渡った。


その後はほとんど本来の綿流し編と同様に進み、圭一は詩音、富竹、鷹野と共に祭具殿へと入ってしまう。その後、本来のカケラと同様に富竹と鷹野が失踪……かと思いきや2人は何故かトラックを奪い雛見沢を去ってしまう。


さらに、公由の失踪と連続怪死事件の話もあり、圭一は梨花に祭具殿へと入ったことを打ち明けようとするものの、梨花はこの先の展開を予想し、圭一へと魔女として強く当たる。
しかし、その後は梨花自身も失踪してしまうこととなる……。


その後、圭一は魅音に祭具殿へと入ったことを謝罪する。それに対して魅音は謝罪を受け入れ、好意を寄せる圭一を守る為に地下牢へと閉じ込め、ダム戦争の件で助け合いの精神を歪め、生まれた因習を断ち切る為、連続怪死事件を生み出した責任を取るために行動する。


その後、圭一は地下牢から脱出し、大石から事の顛末を聞く。その内容は失踪していた詩音、公由、お魎の遺体が園崎家地下の井戸から出てきたこと。魅音は沙都子と相打ちになっていたこと。圭一が魅音と共に探していた学校の便槽から梨花の遺体が発見されたことが語られた……。

綿流し・目明し編と類似しているものの、梨花や沙都子の死因に不審な点が多く、富竹と鷹野の失踪に目撃情報があるなど今までのケースでは考えれなかった出来事が多い。
また失踪する人物や発覚するタイミングが一部異なったことにより、レナが失踪に関する重要な手掛かりを得る機会が失われている。(終盤レナが出てこなかったのはこれが原因だと思われる。)

関連記事

親記事

ひぐらしのなく頃に業 ひぐらしのなくころにごう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「綿騙し編」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「綿騙し編」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5407

コメント