ピクシブ百科事典

菊植

きくなお

DMM.comの一般向けブラウザゲーム『文豪とアルケミスト』に登場する、きくちかん×なおきさんじゅうごのカップリング。
目次[非表示]

概要

『文豪とアルケミスト』のきくちかん×なおきさんじゅうごのカップリングタグとして使用されている。
このタグを用いて投稿する場合、腐向けタグとの併用や、文アル【腐】などの棲み分けタグの使用が望ましい。

※文アル内では名前に「直」のつくキャラが複数いるため、なおき関連のCPは棲み分けとして「植」または「なお」が用いられている。(「植」は本名の一部でもある)
表記として「植」の字を用いていても、読みは「なお」である。

※不備があれば加筆・修正等お願いします。(記事内の名前は、検索避けのためあえてひらがな表記にしています)

ゲーム内における関係

  • きくちを「カン」呼びするキャラが多い中、なおきは「ヒロシ」と呼ぶ。きくちは「なおき」と呼ぶ。
  • 通常回想、手紙、双筆神髄の特殊台詞、特別回想など各所で2人の絡みが多い。
  • 7月の「なおきしょう」の記念日回想もこの2人である。通常の記念日回想は日にちが決まっているが、この回想はその年の7月の賞の発表日に合わせているため注意。
  • 史実と異なり、なおきのほうから積極的にきくちに金を借りに行く姿勢が見られる。
  • 史実の「番犬」についてはゲーム内では反映されていない。(以下項目参照)


史実における関係

  • きくちよりなおきのほうが2つ年下。
  • なおきが企画した大阪の講演旅行に、きくちやあくたがわを連れて行ったことにより仲良くなった。
  • きくちが創刊した雑誌のゴシップ記事をなおきが担当していた。
  • なおきが金に困ることが多かったため、頼まれることはなくともきくちのほうから度々金を渡していた。
  • 上記のように世話になっていたことから、なおきは随筆で「彼に対して、私は、番犬たることに甘んじてもいい」と書いている。
  • きくちとなおきは碁を度々打っており、なおきの死期が近づき入院する間際にも碁を打っていた。なおきの病状が悪化してだんだん勝てなくなっていく様が、きくちの随筆に書かれている。(こちらの文は、アニメ版OPのきくちの背景文字にも引用されている)
  • 2人の関係性が史実ベースで書かれた短編小説「bんgいsゅんじゅうの貧乏神」が、オールよみもの2021年9・10月合併号に掲載されているのでお勧め。


別名・表記ゆれ

きくなお 寛植

関連タグ

文豪とアルケミスト 文アル【腐】
菊池寛(文豪とアルケミスト) 直木三十五(文豪とアルケミスト)

関連記事

親記事

文アル【腐】 ぶんごうとあるけみすとふむけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「菊植」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「菊植」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26326

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました