ピクシブ百科事典

西片

にしかた

『からかい上手の高木さん』の登場人物

概要

CV:斉藤壮馬 / 岩端卓也 / 梶裕貴 (2016年6月放送のCM / 10月放送のCM / TV版でのもの)

読者の視点となる主人公の少年。下の名は不明、かに座のO型で両親と3人暮らし。
設定としては中学一年生と思われるが、たまに学年表記がぶれたりするので、ある種のサザエさん時空の可能性がある。
(入学式の巻、2回目のスポーツテストなどから現在は2年生と考えるのが妥当だが、作者が漫画内で学年表記を使用中止と記入していた為、サザエさん時空と考えて良いものと思われる)

根が素直というか単純で、考えていることが表情にすぐ出る。
何かを企んだり、逆に隠し事を見抜いたりという能力は平均程度かそれ以下であり、
かつリアクションが激しいため、クラスメイトの高木さんはそれを面白がり、いつもからかって遊んでいる。

成績はイマイチ、すぐ調子に乗る、隠れて恋愛漫画を愛読している等、少なくない弱みを持っており、高木さんの攻撃をさらに助長している。
また後先を考えずにその場の思いつきでからかいや対決を実行しようとして、自爆もしくは逆手にとられるのはお決まりのパターン。
また言い訳が下手というか独特であり、全く言い訳になっていない言い方をするのも特徴の1つである
(照れて高木さんを直視できないときに、何故こっちを向かないのか指摘され、こっち向きたいからだよ。と答えるなど)
嘘も苦手で、苦し紛れによく嘘をつくが直ぐにバレる嘘をついてしまう。
また演技も下手。

総じて考えて頭の回転が悪いといえるが、とっさの判断力や瞬発力はあり、高木さんを何度か助ける時に役立っている。

本人は気がついていないようだが、実は何回か照れさせることに成功していたりする。
その全てが直感や何気なく行ったときである。

中学1年生としては年相応なのだが、まだ性的に未熟らしく、高木さんを含めた女性を異性として見る感覚に疎い。また高木さんと基本的に一緒にいるためか普段は意識していないのにひょんな事から異性であることを思い出し赤面する事もある。
最近では鳴りを潜めたが、連載初期にはムッツリのようなところがみられた。
(アニメではムッツリと思われる描写がみられる)

高木さんの思わせぶりな態度に時折感じるものはあるようだが、ほとんどの場合、高木さんを自分の天敵と認識しており、からかわれなくなることを目標として、無駄な努力を続けている。
(無駄な努力としては、からかわれた回数×10回の腕立て伏せを自らに課すなど)

ちなみに天敵な割に高木さんとは非常に仲が良く、登下校も一緒のことが多い。クラスメイトから見るとすでに、どう見てもカップル、少なくともそれに近い間柄である。
(友人に彼女と言われた際は「そんなんじゃない」と否定しているが、クラスメイトからは 付き合ってるようなもん という認識をされている。また2人きりでいるところを見られても茶化されたりしていないところからしてある種公認の扱い)

高木さんが美少女であることが目だっているが、西片自身も童顔ではあるが友人やモブ男子と比べると顔立ちは整っている。所謂可愛い系男子。
因みに連載初期は高木さんと同じく現在よりも顔立ちがキツめで、すこしやな奴の顔立ちを見せる事があった(最近ではほとんど見られなくなったが高木さんを馬鹿にするという時など)

スピンオフ作品『からかい上手の元高木さん』にも7話から出演
体育教師をしていて高木さんとの間に1人娘のちーをもうけている。
高木さんにはやはりからかわれ頭が上がらない様子。
一方育児をきちんと手伝ったりご飯を作ったりイクメンとしての一面も見せている。

関連タグ

からかい上手の高木さん 高木さん

pixivに投稿された作品 pixivで「西片」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239942

コメント