ピクシブ百科事典

からかい上手の高木さん

からかいじょうずのたかぎさん

小学館の月刊誌「ゲッサン(月刊少年サンデー)」の付録であるゲッサンminiで連載中。 一話完結のほんのりラブコメ漫画である。
目次[非表示]

概要

2012年ゲッサン7月号に読み切りが掲載され、その後、ゲッサンの別冊付録である「ゲッサンmini」を中心に掲載されている、中学校の同級生同士である『西片くん』と『高木さん』のやりとりを描くラブコメディ
2016年8月号よりゲッサン本誌にて連載開始。同号では表紙を飾った。
作者:山本崇一朗(生醤油うどん)
2018年3月時点で既刊は8巻。
アニメ化もなされている。詳細は後述。


内容紹介

「私、西片のこと好きだよ」

本作は、読者視点の男子中学生・西片が、隣の席の女子・高木さんにあの手この手でもてあそばれる日常を描く、実にうらやましい物語である。

本誌では毎号毎に2話または3話掲載されているのが特徴で、時間軸も冬から夏、春ところころ変わる。

登場人物

※CVは2016年6月放送のCM / 10月放送のCM / TV版でのもの

西片(にしかた)

CV:斉藤壮馬 / 岩端卓也 / 梶裕貴
読者の視点となる主人公の少年。下の名は不明、かに座のO型で両親と3人暮らし。
設定としては中学一年生と思われるが、たまに学年表記がぶれたりするので、ある種のサザエさん時空の可能性がある。
(入学式の巻、2回目のスポーツテストなどから現在は2年生と考えるのが妥当だが、作者が漫画内で学年表記を使用中止と記入していた為、サザエさん時空と考えて良いものと思われる)

「見てろ、今日こそこっちが恥ずかしがらせてやる!!」

高木さん(たかぎさん)

CV:加藤英美里 / 高橋李依(TV版も続投)

7枚
らくがき9まい


西片の隣の席に座る、女子中学生。
西片をあの手この手でからかって遊ぶ天敵である。

「西片が好きだからやってるんだよ」

その他の登場人物

※CVはすべてTV版のもの

CV:内田雄馬
西片の友達でクラスメイト。飄々としていて読めないところがある。真野と付き合っているが、まだまだ友人とバカをしてる方が楽しい様子で真野をやきもきさせている。
基本的ポーカーフェイスだが高木さんの水着姿に照れる意外な一面も。
作品には珍しい女子に優位にたってる唯一の男子。
西片から何故か君付けで呼ばれている。

CV:小岩井ことり
高木の友達でクラスメイト。大人しく控えめそうだが結構大胆。あの手この手で2人きりになろうとするほか、2人乗りをせがんだり水着を一緒に買いに行くなどなかなか積極的。
西片と同じく表情に感情がすぐに出る。
何を考えているかわからない中井にやきもきさせられているが、結局は惚れた弱みなのか最終的には笑顔になっていることが多い。
漫画で主役を務めたことがある。

CV:小原好美
「あしたは土曜日」のキャラ。
眉毛が太い。元気な女の子。
「日比野ミナ」と間違えられる事があるが、正しくは「日々野ミナ」である。

CV:M・A・O
「あしたは土曜日」のキャラ。
メガネをかけている。恋愛に興味がある。
スピンオフで主役を務める。

CV:小倉唯
「あしたは土曜日」のキャラ。
ジト目で無口。陸上部。

CV:岡本信彦
西片の友達で別名保健体育王。
漫画では別クラスのような描写があるが後期では同じクラスな描写がある。
アニメでは同じクラス。好きな言葉は勝訴。
出っ歯とメガネが特徴でいかにも助平そうなビジュアル。

CV:落合福嗣
西片の友達で別名早弁王。漫画では初期は別クラスのような描写がみられた、後期では同じクラス。
アニメでは同じクラス。好きな言葉は焼肉。
漫画は初期ではかなり太っていたが、現在はぽっちゃり程度。

男子の間で人気の女子。大人っぽい人が好きと言うが、実は恋愛には不慣れ。
アニメでもモブで登場。

結婚した高木さんと西片の娘。

からかいアイテム

高木さんはあらゆる手段でからかってくるぞ!

消しゴム

高木さんの消しゴム。
西片には秘密の、とある願掛けがされている。

ロッカー

掃除用具入れのロッカー。
中学校では、メジャーなかくれんぼ用の隠れ場所。

体操着

体育の授業で着用する。
高木さんの使用済み体操着はいいニオイがする。

自転車

二人乗りは危ないけれど、
高木さんは西片の後ろに座りたい。

TVアニメ

アニメになるそうです
高木さんはかわいいと思います。


2017年8月号のゲッサンにて2018年放送予定でアニメ化決定の報が発表された。
その後の追加情報解禁により、2018年1月放送開始予定であること、主要キャスト2名、制作陣が発表され、同時に公式サイトとTwitterが開設された。

TOKYOMXおよびBS11、ついでに読売テレビあにめのめ枠で放送された。
なお、本作を最後に、あにめのめ枠は廃止されている。

主題歌は大原ゆい子の「言わないけどね。」。

余談

次回予告
アニメの特徴の1つとして次回予告が行われないことが特徴の1つである。これは視聴者をからかう意図があると思われる。(視聴者を気にさせて悶々とさせる意図)

エンディング
EDは高木さんの中の人が歌うカバー曲になっていて、全7曲。

話数曲名
1、2気まぐれロマンティック(いきものがかり)
3、4AM11:00(HY)
5、6自転車(JUDY AND MARY)
7、8風吹けば恋(チャットモンチー)
9、10小さな恋のうた(MONGOL800)
11愛唄(GReeeeN)
12出逢った頃のように(Every Little Thing)

アニメでは初期のエピソードも放送されているが、上記にもあるように初期の2人はお互いに性格的にキツいところがあり口調が乱暴な時があったが、アニメ化に際し現在の性格によせるために性格口調の変更がある。
またセリフが増えていたり、話と話が繋がっていることもある。

制作スタッフ

監督赤城博昭
シリーズ構成横手美智子
キャラクターデザイン髙野綾
総作画監督茂木琢次・近藤奈都子
アニメーション制作シンエイ動画


関連イラスト

バレンタイン漫画
からかい上手の高木さん



関連タグ

ゲッサン ラブコメディ
2018年冬アニメ

関連動画



外部リンク

ゲッサン
作者ツイッター
作者pixivプロフィール
アニメ公式サイト
アニメ公式Twitter

pixivに投稿された作品 pixivで「からかい上手の高木さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7252223

コメント