ピクシブ百科事典

西郷焰

さいごうほむら

「西郷焰」とは、「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」及び「ラストエンブリオ」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

逆廻十六夜のヘッドフォンを作った15歳の少年。
ギフトネームは“千の魔術(プロト・イデア)”。
外見はボサボサ髪に眼鏡を掛けたパッとしない人物であるが、その圧倒的な理解力と創造力によって十六夜のいる施設・カナリアファミリーホームに招かれた。

第二部『ラストエンブリオ』では、主人公格の人物として登場。
施設のスポンサーたちが突如として援助を取りやめ、解散の危機に追い込まれた施設を救う為、釈天の紹介でエブリシングカンパニーの下、第三永久機関とも呼ばれる“第三種星辰粒子体”の研究をしている。
第二次太陽主権戦争の予選ゲームに絡む形で現実世界に現れた金牛宮からの避難のため、鈴華、彩鳥と共に箱庭へと訪れることとなった。第一部の頃よりも力が増しており、箱庭の力を帯びた物体を見るだけで何となく性質がわかるようになっている。
主権戦争では「星辰粒子体を使い災害を起こす一連の事件の犯人」を捜すために参加するため勝利は二の次だが、十六夜と競えるまたとない機会だと純粋に楽しんでもいる。

ギフト

千の魔術(プロト・イデア)

分解・解体したものの構造を理解できる。
二部では箱庭の力を帯びた物体を見るだけで何となく性質がわかる程力が増しているため、本来の力は更に上の可能性もある。

疑似神格・星牛雷霆(プロト・ケラヴノス)

ゼウスの雷霆の原型にあたる神格武具。
牡牛座の太陽主権が形になった斧で、西欧ではゼウスの雷霆、北欧ではトールの鉄槌、東洋ではインドラの金剛杵など、神々の原型神器に相当する力を持つ。
両刃斧は、最も神聖な獣の一つである牛の角に見立てられ、天空の支配者の象徴として扱われ、両端で敵を撃つ力強い造形は、主神や軍神の武器として見られ、“最強の証”とされたため、十二星座の中でも最強の破壊力を持つ権能を授かっており、本気で振るえば七里四方、地平線までが塵芥と化す。神々の武具に相当する金剛鉄の城塞すら、一振りで両断することが可能で、全力を解放したケラヴノスを防げるのは同じく十二星座の山羊座の太陽主権の盾イージスぐらいとされている。
神雷を放ち、それを無限に溜め込む事ができる。短時間とはいえ刀身が赤く輝くほどの力を溜めれば、ミノタウロスの迷宮を即座に破壊できるほどの力を持つ。


以下ネタバレ
























































“絶対悪”の正体

一連の事件の犯人は、15年後に迫る破局的大噴火・ウルトラボルケイノを防ぐため動いていた者達であり、外界の国際機関も絡んでいることが明らかになる。
「世界を救うために必要な犠牲は惜しまない」と語り無辜の犠牲・“原罪”を積み上げようとする彼ら。
そうして生まれた怨嗟の叫びが積もりに積もった結果、それに呼応する形で生まれるのが“人類最終試練:絶対悪”。
それこそが「“原罪”に耐え切れず、人類を滅ぼす意思を固めた西郷焔」であり、彼こそが“絶対悪”の化身(アバター)となる資格を有する存在だったのだ。

破局噴火を止めるには、多くの人体実験、多くの邪魔な存在の殺害が必要となる。
しかしそれでも犠牲を否定し、誇りと意地を胸に焔は「永久機関の開発に、無辜の犠牲は許されない」と言い切る。
「人体実験の被害者の救済」を決め、「自分たちを研究材料にする」ことで開発期間の遅れを取り戻すことにしたことで、“絶対悪”の霊格は消失する。筈だったが、消え去るはずの“退廃の風”が新たな依り代を得て出現したことを受け、アジ=ダカーハは西郷焔の体を使い戦うことを決意する。
そのため、西郷焔本人は気付いていないが、今もなお化身としての資格を保有し、意識を乗っ取る形でアジ=ダカーハは顕現できる。


関連タグ

問題児たちが異世界から来るそうですよ? ラストエンブリオ 人類最終試練 逆廻十六夜 アジ=ダカーハ 千の魔術

関連記事

親記事

問題児たちが異世界から来るそうですよ? もんだいじたちがいせかいからくるそうですよ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「西郷焰」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 462

コメント