ピクシブ百科事典

逆廻十六夜

さかまきいざよい

小説・アニメ「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:浅沼晋太郎

概要

2010年代から「箱庭の世界」にやってきた問題児の1人。学ランと炎のマークがついたヘッドホンがトレードマークな17歳の少年である。
ギフトネームは「正体不明(コード・アンノウン)」。
パッと見、どこにでもいそうな少年だが、その身には多彩な才と常識外れの異能を宿している。

人物像

ラノベでも屈指のトンデモ能力を保有する主人公

2010年代の現実世界では、養護施設『カナリアファミリーホーム』出身のごく普通の高校に通う学生だが、ある義理を果たす為に入学しただけであり(後に裏口入学であったことが明かされている)、殆ど通う事無く、物語開始時には既に退学する事を決めていた。
尤も、本人は後述の理由で世界中を旅している上、様々な技術や知識を自身で習得或いは義母から叩き込まれているので、学校に通う必要のないレベルの極めて高い教養を持っているのだが。
ちなみに高校の頃には既にホームから自立しており、詳細は不明だが、どこかで一人暮らしをしている様子。

基本的に飄々としていて享楽的で快楽主義者な少年だが、その高い能力と釣り合う存在がいない事にネガティヴになる一面もある。
一方で、自身の強大な力によって世界が壊れないよう自分を戒めたり、同じく親がいないホームの弟分や妹分たちの世話をした、箱庭にて崖っぷちの状況だったコミュニティ『ノーネーム』の再興にも積極的に動く等、他人思い且つ面倒見のいい兄貴分な部分も強調されている。

常識を逸脱した能力を生まれながらに持っていたが、科学に覆われ神秘に欠ける世界にいたため、それが原因で里親とも施設とも折り合いがつかずに無軌道に生きてきた。
そのような中で後に共にカナリアファミリーホームの建設をする金糸雀(カナリア)と共に世界旅行や共同生活をしたことによって救われた。
その中で世界の美しさ、人の技術の素晴らしさや凄惨な戦場などの血生臭い事柄にも触れていき、徐々に世界との向き合い方を学んで行った。
そしてその過程で強大な力を自覚し、なおかつ抑えながら周囲と折り合いをつける術と精神・共に生きていく仲間・さらに広範にわたる知識を身につけてきた。だが、その内には自分の力を出し切れないことに対するネガティブな思いもくすぶっていたのであった。

そういった中、生と死と快楽の神霊クロア=バロンとの死闘と、彼から明かされた金糸雀の秘密と既に鬼籍に入っている彼女から仕掛けられた最後のゲーム。
そして二人から紹介された神魔が住まう異世界『箱庭』の存在は現実でホームの兄弟達と平穏に暮らしていくか、異世界で自分の力を思う存分振うかの二つの選択を突きつける事となった。
結果、十六夜はホームの兄弟達に詫びながらも、後者を選び、その世界で出会った別の時間軸から召喚された二人の問題児久遠飛鳥春日部耀との出会い。
そして黒ウサギジン=ラッセルとの出会いを経て、ノーネームの再興とそれに伴う魔王たちとの戦いに身を投じる事となった。

箱庭に来てからも、その面倒見の良さと先見の明を発揮して、最底辺だったノーネームの地位を一気に押し上げた。
その功績と実力もあって、飛鳥や耀からは頼れる兄貴分として見られており、黒ウサギとジンからも恩人として認められていく。
十六夜の方も彼らを鍛える師匠役についてはまんざらでもない様子を見せている。

後に黒ウサギとの会話から両世界の金糸雀が同一人物ではと推測する描写が見られる。


能力と技能

何と言っても、その膨大な知識量。
メジャーな神話伝承に留まらず、永久機関や立体交差並行世界論など、SFな内容やあまり知られていない物質やマイナーな伝承にも明るい等、むしろ知らないことを探すのが難しいレベル。
箱庭において伝説上の悪魔、神格と戦うのは必然な為、彼の知識と閃きは最大の武器と化す。

直接戦闘においては徒手空拳で戦うのがメインだが、現実世界では彼の圧倒的な身体能力の足元レベルさえいなかったので、格闘術に関しては所謂ケンカが上手いレベルに留まっており、悠久の時を鍛えに鍛えた伝説上の存在相手では所謂場数の差もあり、その点で押される事が多いものの、並外れた動体視力と観察眼、そして話術を併用する事で格上の相手にも食い下がる等、極めて高い近接戦闘力を保有している。

金糸雀との旅では凄惨な戦場を渡り歩いた経験もあり、その一環なのか銃を使えるという事が明かされている。しかし、これは相手を殺害する目的ではなく、十六夜の身体能力では殴っただけで他人を殺しかねないレベルな為、安定した威力が期待できる銃で相手を殺さずに無力化する為と語られている。

幼少期から家族とは縁がなく、一人で過ごす期間が長かった事や世界中を旅した経験やホームでも当番制もあってか、家事にも長けている様子。
特に料理に関しては絶大な自信を持っており、海外のご当地料理を好んで作っている様子。
作中ではパンプキンキッシュを披露した。



コードアンノウン

正体不明。
十六夜が保有するギフト。
文字通りの全貌が不明な恩恵であり、全知全能とも評されるラプラスの紙片たる『ギフトカード』でさえ、判別不能という扱い。
ちなみに能力名は正確には判別不能を示すエラー表示であり、正式名称は現時点(2017年)でも不明である。

以下はコードアンノウンによるものと思われる異能の数々である。

強靭な肉体

全力でパンチを放てば山河を砕くと評される破壊力と叩きだし、キックを放てば地割れを発生させ、全力で跳躍すれば高層ビルを大破させ、高度千メートルまで秒を跨がずに到達する跳躍力を見せ、全力で走れば第三宇宙速度(時速60100km、マッハ49)を叩きだす。
なんじゃこりゃあ……。
オマケに上記レベルの攻撃を食らっても問題なく継戦可能なタフさまで誇る。
基本的に十六夜はこれらを総動員して修羅神仏との戦いを繰り広げる。
パッと見、隙のない力だが、これらさえ通用しない存在が上位にいるのが箱庭である。

第三宇宙速度で物を投げる

文字通り、そこらへんにある物を時速60100kmで投げつけれる力。
物の大きさは持ち上げれる物なら何でもその速度で投げつけられ、小さい物で小石、最大で高層ビルを投げつけている。
小石でさえ、クレーターを作り出せる程のとんでもレベルの破壊力を叩きだせる。

状態異常の無効化

RPG的に言えば、毒や石化等のステータス異常が効かない能力。
作中、クロア=バロンの即死の呪いや魔王アルゴールの万象を石化させる光、魔王ペストの死の風、混世魔王の体感時間停止能力さえ通用しなかった。
それでありながら、人外の言語を翻訳してくれるギフト等、有益な能力は無効化されない。
理不尽。


極光の柱

正式名称は不明。
神群の秘奥或いは神群を構築する世界(うちゅう)そのものといってもいい疑似創星図(アナザー・コスモロジー)の一つ。
十六夜の場合、右腕から名称通りの長大な眩く輝く柱を召喚する。
そのまま長柄の武器の如く、相手に振り下ろすという使い方をするのだが、その破壊力は凄まじく
「星を砕く」とまで称され、実際年代記に沿うか、人類史を一撃で終わらせる超攻撃力でないと倒せない神霊の一柱を後者のやり方で消滅させたほど。
オマケに使っても多大な負担がかかる等の制約もない等、至れり尽くせりの力に見えるが、前述のように外した場合の被害が凄まじい事になりかねない為、使用場面は外す危険性の少ない超接近戦に限られる。
故に十六夜はここぞという場面でしか使用しない。

実はこの直接相手にぶつける使用法は疑似創星図共通のデフォルト機能であり、その真価は個々の特殊能力にある。
当然、極光の柱にも固有の能力があるのだが、現時点では不明のままである。






関連イラスト

十六夜さん
問題児落書き



関連タグ

問題児たちが異世界から来るそうですよ?
逆廻十六夜 黒ウサギ 金糸雀 久遠飛鳥 春日部耀

pixivに投稿された作品 pixivで「逆廻十六夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309973

コメント