ピクシブ百科事典

西風那茅

ならいだかや

西風那茅とは東方二次創作企画、「異空郷」での射命丸文のポジションとなる人物 である。
目次[非表示]

西風那茅が登場する異空郷についてはこちらからどうぞ。

概要

種族鎌鼬
二つ名風に寄り添う新聞記者()・風の噂を聞きつける妖怪()
風雪の鎌鼬()・潜入取材中の鎌鼬(MI)・鎌鼬のジャーナリスト()
紅葉咲く山の怪異()・どこ吹く風な取材班()・酒盛りスクープ好き()
能力風を起こす程度の能力
危険度
人間友好度
主な活動場所物怪ノ御山
身長166cm
嘘テーマ曲暁紅旋風帖・疾風駆け抜ける御山~A breeze blowing mountain

※ただし危険度や人類友好度等の評価などは作中登場人物の景里清良によるもの。

容姿

茅ちゃん服装修正🍃


薄茶色の髪と黄緑色の瞳をしている。服は黒と緑を基調とした和服で、右側の腕部分の袖がない。首には赤いマフラーを巻いている。 人里に潜入するときは、ピンクと黒のチェックの上着に、紅葉のような飾りのついた帽子にピンク色のスカートを履いている。帽子は耳を隠すためにあるのだが、尻尾が出ているのでバレる時はバレる。写真機や文奇譚(茅の持つ手帳の名前)をショルダーバッグなどに入れ携行している。写真機は撮影されると精神的ダメージを受けるらしい。フィルム式でありながら、撮影した写真はその場で現像されて出てくると言う理解不能な写真機である。

性格

歳の差や立場を気にせず、社交的で人付き合いも良く誰にでもフレンドリーに接してくれる。普段は気楽な性格だが、現実的に物事を捉えることも難しくなく、希望的観測に流されず常に真実を見据えることができる。堅実で責任感もあり、どんなことにも妥協なく誠実に対応するため、周囲の信頼は厚い。問題解決能力も高いため、困難な状況に陥ってもめげない意思の強さがある。統率力があり、自身の仕事にも精力的で楽しんでいる。頭脳明晰で思考能力が非常に高く、人の何倍ものスピードで考えを巡らす。何を考えているのかを予想する事は一般人では困難な上に、表面上は相手のレベルに合わせてくれている。だいたい何でも出来てしまい器用。戦う時なども手加減をしてくれる。 倫理観も強く、公正で決断力もある。常識的であるが故に、ルールに違反した行為などには厳しい。本人も自身の頭脳には大きな自信を持っており、頼られることが好き。しかし、他の人の意見に許容はあるものの、真面目な場面ほど周りの尊重などを軽視しがちである。だが、実力を認めた人物などに対しては積極的に意見を聞き、その意見を尊重した考えなどもする。鎌鼬は皆そうなのか、誰にでもさん付けで、博多弁らしき方言で喋る。目上の人や、取材相手、特定の人物に対しては敬語を交えた話し方をしている。

能力

風を起こす程度の能力

台風並みの風を起こすことも可能。風力や風が吹く範囲までも自由自在に操ることができる。彼女の異空郷一と言われるスピードも彼女自身が風に乗って動いているためである。
鎌鼬達には三つの役割があり、罠設置隊・攻撃隊・薬品隊である。その中でも茅は攻撃を主に扱う鎌鼬であり、戦いに関してはスピードとその頭脳も相まって鎌鼬の中でも実力は高く、上位クラスの敵を圧倒することも可能。しかし、本人は争い事を好まない性格のため自身から争いを仕掛けることは(弾幕勝負は除き)滅多にない。

武器

彼女は右手に小さい鎌をつけており、それで切り裂くように攻撃をするらしい。
鎌は取り外し可能で、普段は服のどこかに隠し持っており戦闘時にだけ装着するらしい。

茅風新聞

茅は個人営業で自分の執筆した新聞「茅風新聞(かやかぜしんぶん)」を作り、その取材と配達に勤しんでいる。 新聞を書いているのは写真を撮ることが好きという茅の趣味も混ざっているものの、理由としては鎌鼬の存在や、出来事の嘘偽りない真実を知ってもらうため。そのため裏の取れない情報は新聞記事にしないというルールを自分の中で作っている。しかし、個人で取材から起稿までを行うため、外の世界における新聞と違い発行が不定期になる。人里を含めた色々な事を扱っており、彼女は日々面白いネタを集めているようだ。

茅風春新報

茅風新聞と並行で制作されている週刊誌。外の世界の雑誌を参考にしているらしい。
様々な事情が重なり発刊は行われなかったが、誌面の作成にあたって茅は当時の多種多様な幻想郷及びそこにつながる世界に触れた内容である。

異空四季百景

こちらは完全に彼女の趣味からできた写真集で、異空郷の景色を収めた写真がいくつも掲載されており、各々の写真の下には茅の一言コメントが綴られている。実は茅風新聞よりも手に取る人が多いらしい。主に風景だけの画を掲載しているが、しばしば風景と共に人物が写った写真なども載せている。

人間関係

真神原咬牙

同じ物怪ノ御山に住まう同士であり、茅も咬牙の存在は認知している様子。
山の中で出会った時は山を守ってくれていることに対して感謝を述べたりと表面上フレンドリーに接している。しかし、咬牙の性格に理解はあるもののお堅い雰囲気や自警団のように山を守る姿勢からか少々近寄り難いと思っているよう。『ミステリアスインシデント』において、茅は咬牙のことを苦手としている節があることが明かされている。

東雲枇文

「巫女はうち専門の新聞ネタなんですよ?」「枇文さんはネタの宝庫」と言い茅の方から付き纏っている。初めて出会った『湖神山』では、枇文も知らない内から茅の新聞のネタにされているようで、茅も「貴方んことは誰よりも知っとーばい」と言っているため、前から隠し撮りをしていた様子。『地塊殿』では異変解決のため共闘する姿も描かれ、枇文の巫女としての成長を茅が促すような場面も見られた。『月暈輝』で茅(もしくは鎌鼬)が東雲の巫女の選定に携わっていることが示唆された。茅は旧世代の巫女とも面識があるらしい。

双葉捺依

突然物怪ノ御山に越してきた捺依一同を最初は警戒したものの、紆余曲折あり今は協力関係だったり、対立をしたりと複雑な関係ではある。

枡坂歩鳥

同業者でありお互いをライバル視している。茅の方が歳上であり、新聞記者としても茅の方が先輩である。

チャームカード

名称登場作品
風符「頬を撫でるそよ風」東西彼岸魂
風符「気象擾乱ディスターバンス」東西彼岸魂
風符「一竿風月」東西湖神山
速写「疾風迅雷」東西湖神山
微風「ブリーズプリーズ」東西湖神山
風符「八重の潮風」東西湖神山
撮符「ローラーブラインドシャッター」東西湖神山
「夢幻旋風」東西湖神山・東西東天紅・東西無頂色天・ミステリアスインシデント
「花鳥風月」東西湖神山
現像「懐かしのポラロイドカメラ」東西湖神山
風符「春風水月」東西湖神山
撮符「フォーカルプレーンシャッター」東西湖神山
強風「エクセレントゲイル」東西東天紅・東西無頂色天
風符「ダストストーム」 東西東天紅・東西無頂色天
鎌符「スライスウィンド」 東西東天紅・東西無頂色天
強風「前方竜巻注意報」東西東天紅・東西無頂色天
風符「秋風紅葉陣」東西東天紅・東西無頂色天
鎌符「ペネトレイトカット」 東西東天紅・東西無頂色天
風符「ブロッサム・ガストフレグランス」東西東天紅・東西無頂色天
風符「ホワールウィンド」 東西東天紅
嵐符「クワトロハリケーン」東西東天紅
嵐符「カマイタチストーム」無頂色天
撮符「レフレックスミラーシャッター」無頂色天
「西風那茅の密着取材」ミステリアスインシデント
速写「レリーズプッシュ」ミステリアスインシデント
嵐符「ヒイラギサイクロン」ミステリアスインシデント
撮影「激写!奇跡の弾幕写真」弾幕レジスタンス
「ミリ秒爆風スクープ」弾幕レジスタンス
疾風「飄風鎌鼬」異天崩


関連タグ

射命丸文・・・元のポジションとなった『東方Project』のキャラクター。

関連記事

親記事

異空郷 いくうきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「西風那茅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 259

コメント