ピクシブ百科事典

豊橋アンリ

とよはしあんり

はねバド!に出てくる登場人物の1人。 本編ネタバレあり
目次[非表示]

いつかまたどこかで対戦できる日を楽しみにしているよ

データ

所属校愛知県・尾張渋川高校
学年3年生


概要

1年からインハイに出場を続けていた強豪で、中学時代から愛知県にいた(スポーツ留学ではない)。キュートな顔つきの美少女。金髪で瞳の色は緑、髪を後ろでゴムで留めていて、まるでパイナップルのようになっている。

1年からインハイに出場を続けていた強豪。綾乃に似たラリーを続け、相手の得意な形を封じ、隙を攻めるバドミントンを得意とする防御重視の選手で、本人曰く粘り強さもある。インハイ2回戦で綾乃と対戦し、粘りに粘った善戦の末に敗れているものの、ヴィゴと特訓後の綾乃にも「強い」と思わせており、周囲からも第3セットまで縺れ込んだらどうなっていたかと評されたほどだった。ライバル視していた相手は益子であり、今年こそ倒してやると意気込んでいた。

人柄が良く綾乃との試合中にもっといいを試合をしようと告げたり、負けたあと楽しかったと語り泪ながらに引退宣言するが、その時も多くの校友から声援を送られているなど人付き合いの良い社交的な人柄である。その反面、コニーの他人を馬鹿にした発言やあかねの僻みのような発言には素直に怒りやむっとした表情を返しているなど、案外感情はストレートで、少年漫画のヒロイン的。

志波姫は客観的に、校友の前でエールを送られる彼女を見て理想的な高校生部活の姿と告げているが、当の本人は志波姫が思っている以上に、バドミントンに対しては真摯であり、今後も続けるような意思も持っている。そして、彼女たちにとっては地方大会で壁として立ちはだかっていた津幡路も、敵わない相手になっていた。

当初は全国のレベルの高さ示す役割のモブに近く、久御山久世とは対照的に、立花健太郎の挙げる強豪にリストアップされていなかった。しかしその顔だちと上記の性格もあって、人気がでた、あるいは作者も気に入っているのか(※注)準々決勝でギャラリーとして再登場。以降、狼森あかねに話しかけ、一緒に綾乃の試合を観戦したりしている(名前は知っていたようだが知り合いではなかった)。綾乃のあるプレーを見て声がでない彼女にあのプレーが出来るか?と尋ねている。

涙の訳は?

綾乃と対戦していた益子泪が試合中泣いているのを見て彼女もなぜか泣いていた。
考えられる理由は、1年からインハイに出るくらいなので以前の泪を知っておりさらに人付き合いが得意なため志波姫唯華などと同じく彼女の心の弱さに薄々気付いていた可能性が一つ。もう一つは他の人達と同じく自身が目標としていた泪が敗れるのを見たくないからである。
しかし真相は不明。

3強らと共に、作者がアニメ化記念イラストやTwitterのクリスマスイラストに登場させたりしており、到底脇役とは思えない扱いになっている。

関連項目

はねバド! 羽咲綾乃

関連記事

親記事

はねバド! はねばど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「豊橋アンリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 343

コメント