ピクシブ百科事典

荒垣なぎさ

あらがきなぎさ

はねバド!の登場人物の1人で実質もう一人の主人公。  ネタバレあり
目次[非表示]

日本一の選手になりたい

データ

高校神奈川県・北小町高校
学年3年生
部活バドミントン
利き手右利き
身長174cm
CV島袋美由利


概要

どこかで聞いたような名前をしたもう一人のヒロイン兼準主人公
北小町高校バドミントン部の主将で、県3強の一人。
ショートヘアで、豊満なバストを持った美少女。
ボーイッシュな性格で試合中腰に手をあてて仁王立ちする描写が多いイケメン。一方で、劇中の当初はお色気担当にもなっていた。
作中で最も絵が変わる。プレースタイルも含め綾乃とは対極にある。

個人戦でインターハイ、全日本ジュニア選手権にも出場した実績があるほどのエースだが、当時中学生だった綾乃に完封負けを喫してから、本気でスマッシュを打てなくなるイップスに近い状況に陥っていた。その後はコーチの助言もあって復活し、綾乃に勝利を収めるほどになる。ただし綾乃が当初勝つ事だけにそれほどこだわっていなかった為でもある。そのことを自分でもわかっており10回やって1回勝てたらいいと言っている。その試合中に膝を痛めてしまう。 そのため団体戦に出場していない。
純粋にバドミントンが大好きでありその大好きなバドミントンで日本一になりたいと思っている。
作中の天才の概念では綾乃より彼女の方が天才に近い。
当初はコーチの立花健太郎を嫌っていたが彼の指導を受けていくうちに好意のようなものを見せはじめる。そして遂にインハイでは試合中告白のような事をした。

家は大きく父親はパイロットで滅多に帰ってこない、また作者にとっては最も感情移入しやすいキャラでもある。

プレースタイル

フィジカルを駆使した強烈なスマッシュとジャンプ力が武器。のちにワールドクラスと言われるほどになる。また決して諦めない不屈の闘志をもつ。ただしメンタルが必ずしも強い訳でない。綾乃に完封負けした後の状況がそれを物語っている。もっとも、本気で日本一を目指していた人が年下に完封負けなどしたら普通は完全に心が折れてもおかしくないのでそういった意味ではやはり強いとも言える。
当初は脳筋に近いパワーゴリ押しのプレースタイルだったが立花の助言や綾乃の含め色々な選手と対戦していくうちに頭脳的プレーもするようになる。
弱点は選球眼のなさ。本人の性格の影響もある。ただしこれも上記と同じで試合をしていくうち良くなってきている。
試合中自分だけでなく相手も成長させるミックスアップを起こす選手でもある。

インターハイ

個人戦に出場。2回戦からの登場でそのパワーで周囲の度肝を抜いた。第3シードを倒すなどし準々決勝に進出。コニー・クリステンセン と対戦。終始押されるも持ち前のパワーなどで食い下がる。
しかしフルセット目に本気を出され圧倒されるがそれでも諦めず押しはじめる。そしてコニーが更に強くなって綾乃を圧倒したいためその状況を喜んでいたが遂に追い付き余裕をなくさせる。その後一進一退となるが最終的になぎさの膝の怪我を心配した立花が棄権をコールしたため惜しくも敗れた。
その後、綾乃の準決勝を観戦。調子の悪いに綾乃に助言した。

関連イラスト

はねバド! らくがき
はねバド!



関連項目

はねバド! 羽咲綾乃 藤沢エレナ バドミントン コニー・クリステンセン 北小町高校 石澤望 立花健太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「荒垣なぎさ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276233

コメント