ピクシブ百科事典

目次[非表示]

アンジェラだ。我が力、暫し託そう!

概要

CV:小清水亜美

連邦加盟国〈嵐の国〉内部の蒼炎の島・ウルドの第三公女。
一国の姫に相応しい美しい金髪を持つ容姿端麗な女性だが、戦闘が起これば指揮官として自ら前線に赴き、兵たちを率いて苛烈に戦う。

大概の問題は「ハッハッハ!」と笑い飛ばし、命の危機に直面しては「テンション…アガってくるな!」とむしろ楽しんでしまう豪快な性格。

肩書きが示す通り戦術に非常に長けており、戦乱の絶えないウルドにおいて幾つもの視線をくぐり抜けてきた。

また、本人は策謀は得意ではないと言っているが戦闘に身を置いているためか頭の回転は早く、リンツ島の魔幻獣を巡る事件では極めて冷静かつ合理的な交渉を進めた。

そんな「強い女性」というイメージの一方で、実は可愛いものに目がなく、さらに酒癖が悪いという欠点(?)もあり、主人公たちを招いた宴ではキャトラを溺愛してとまらなくなってしまった。

リンツ島での一件の後はウルドに戻っていたが、世界滅亡の危機に際して全ての元凶を討ち果たすため魔幻獣に関わった者たちと共に戦場へと出る。

友情覚醒後の名前は
蒼炎を背負し女傑 アンジェラ・ベイリアル

関連キャラクター

巫覡の末裔エマ

センシティブな作品


ウルド軍にとっての破壊対象である魔幻獣を操る巫覡でありその友達であるため、最初は対立していたが、互いに腹を割って話すうちに「友」となった。


デクスター
現ウルド公にして、アンジェラの実の兄。
どんな時でも手段を厭わない合理主義者で、過去にはアンジェラの命を狙う者を退けるため、宴会で毒を盛ってアンジェラ以外の家族を皆殺しにしたほど。
ただし常に民のことを思っており、それ故恐れながらも尊敬の念を抱いている。

ロイド・イングラム
魔幻獣を兵器として利用しようとウルドの島民を扇動しており、その動向を探るという兄からの勅命を受けた。
しかしその本心はそれ以上にもっと凶悪で…?

運命の巫女エレノア
世界滅亡を賭けた戦いで共に戦った仲間。
彼女の本質を見抜き、その命を懸けた覚悟を汲んである決断を下す。

アレス家三男ノエル
世界滅亡を賭けた戦いで共に戦った仲間。
将来復興するアレス王国の王となる彼に、上に立つ者のあり方を説いた。

キャラクター性能

期間限定イベント「蒼き炎のテンペスト」にて登場した炎属性の魔道士。

味方を直接回復するスキルこそ持たないが、強力なバフや、ダメージを受けた時に発動する新能力であるリベンジフレア(敵に炎属性ダメージを与える)とカウンターヒール(自身のHPを回復する)を全体にばら撒くことができ、前線で味方と協力することに長けた性能になっている。
さらに自身でもデンジャラスアタック無効のスキルを持ち、一時期は決戦クエストで猛威を振るった。

ステータス

Lv1Lv100(限界突破)
HP 3953
SP 200
攻撃 2070
防御 228
会心 86


モチーフ武器

名前攻撃防御会心追加効果属性効果
タクティカルタクト
ライジングドライヴ
真・ライジングドライヴ2174637毒Lv5炎500


オートスキル

HP50%以上で防御・アクションスキル強化+50%
炎属性ダメージ+100%
HP+20%

武器スキル

ディヴァイン・フラッグ
消費SP:30
味方のHPと状態異常を回復する。
<付与効果>
被物理ダメージ軽減(60秒/50%)
スキルダメージUP(60秒/3回


キャラタイプ

アタッカータイプ

属性

炎属性

リーダースキル(覚醒後)

蒼き炎の意志
炎属性キャラの与えるダメージがアップ・受けるダメージダウン(効果値20)

オートスキル

HP10%以上で即死回避、さらにダメージバリア(30秒/2回)発生
移動速度・攻撃速度+50%、チャージ時間-50%
HP50%以上で攻撃・アクションスキル強化・炎属性ダメージ+350%

アクションスキル

多目的徹甲榴弾・斉射
消費SP:40
「そこだっ!撃てー!!」

敵に炎属性ダメージを与える。
<仲間への付与効果>
攻撃力UP(60秒/150%)
会心UP(60秒/150%)
リベンジフレア(60秒/3回)
カウンターヒール(60秒/1回)
※リベンジフレアは敵から近接ダメージを受けた時に発動し、敵に防御無視の炎属性ダメージを与える。
※カウンターヒールはダメージを受けた時に発動し、HPを回復する

ウルド空軍艇・空対地砲撃
消費SP:80
「焼かれるがいい!!」
敵に炎属性のクリティカルダメージを与える。
※スキル中に敵を撃破した場合、スキル終了後にHPを回復する
※8秒間再使用不可

関連タグ

白猫プロジェクト

・別バージョン
蒼炎の戦姫アンジェラ

関連記事

親記事

ワールドエンド わーるどえんど

兄弟記事

コメント