ピクシブ百科事典

赤羽隼人

あかばはやと

赤羽隼人とは、「アイシールド21」のキャラクターである。

概要

CV:平川大輔

盤戸スパイダーズ(盤戸高校)2年。タイトエンド(TE)。背番号21。
身長175cm、体重64kg。9月21日生まれ。A型。
通称赤目のエース。

巧みな守備配置により、敵ランナーの走行ルートを誘導する「ランフォース」および、敵の重心移動を見切ることで、弱い力でも重量級の相手を吹き飛ばせる「蜘蛛の毒(スパイダーポイズン)」の使い手。
昨年の東京大会では、進清十郎や黄金世代の王城ホワイトナイツを抑えて、東京MVPを獲得した名選手であった。

その後、親の転勤により、大阪の帝黒学園に転校することになったが、同校のアメフト部帝黒アレキサンダーズが、盤戸スパイダーズの有力選手を大量に引き抜いていたことが判明。そのやり口に腹を立てて盤戸に出戻った。

転校後しばらくは大会に出られないという制約のため、春大会、秋大会の大半は出場できずにいたが、参謀として頭脳面でチームに貢献。秋大会の三位決定戦でようやく出場停止期間の喪が明け、泥門デビルバッツの前に立ちはだかった。

色付きのアイシールドと、21番のゼッケンを手に小早川瀬那と邂逅。「君もアイシールド21なのか」と語り、かつて筧駿が語った「真のアイシールド21」の正体である可能性を匂わせた。

「真のアイシールド21」を知る筧からは、体格やプレイスタイルの違いから別人と見られていたが、そのあまりの強さから、一度は「もしかして本当にあの時の…」と思わせたほどであった。

桜庭春人が所属するジャリプロにスカウトされるくらいのルックスで、赤髪にサングラスをかけた両耳ピアスが特徴。少し笑みを浮かべただけで佐々木コータロー沢井ジュリを驚かしてしまう程のポーカーフェイスの持ち主である。

独特の世界観の持ち主で、物事を音楽に喩える癖があり、その説明はほとんどの人が理解できない。そうした相手を「音楽性が合わない」と称したりもする。
不必要にギターが上手く、時折妙に突っ込まれる言動もギターのチューニングを行い誤魔化したりしている。

関連タグ

アイシールド21

pixivに投稿された作品 pixivで「赤羽隼人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51207

コメント