ピクシブ百科事典

道安武虎

どうあんたけとら

漫画「プランダラ」の登場人物
目次[非表示]

概要

リヒトーの同級生で、いわゆる「いじめッ子」。
実家は裕福らしく、リヒトーを含めた坂井家に土地を
貸したりしていたらしい。
リヒトーにいっぱいくわされて以来、彼に因縁をつけるようになる。

300年後はアルシアの特務部隊に所属している。(階級は少将)
なお、上官であるシュメルマンを「ロリコン」と称するなど、
上下関係はあまり気にしない模様。

また、経緯は不明だが廃棄戦争時にはリヒトーの相棒をしており、
子供を殺せないリヒトーの代わりに洗脳された子供を殺していた。
その時に「戦争を終わらせる」とリヒトーと約束を交わした。

300年後、その約束を破ろうとしたリヒトーを殺害したが、
殺しきれず復活したリヒトーと再び対峙、殴り合いの末
敗北、「楽園の壁」の存在を彼らに伝え、その場を去った。


能力

「重撃」の撃墜王の異名を持ち、「重力」を操る事ができる。(本人いわく、
「他人を屈服させたい」という気持ちの表れらしい。)

リンク

プランダラ 不良

コメント