ピクシブ百科事典

シュメルマン

しゅめるまん

漫画「プランダラ」の登場人物。
目次[非表示]

概要

アルシアの軍隊とは別の特務部隊の隊長兼総統閣下。(300年前は少佐)
いまだに底が見えない優男でメガネをかけており、300年前には軍学校の
学長を務める。
リヒトーを一目おいており、リンデンでの作戦失敗時には彼を連れてくるよう部下に
指示していた。

数少ない議会に同期できる人間で、リヒトー達「撃墜王」を騙し、パロットの力
でアルシアを造り上げた。

本名は「シュメルマン=バッハ」。実は密かにリヒトーを養子にしていた。
現在は病気であるらしく、「楽園の壁」からあまり動けないらしい。

能力

能力は未知数でパロットなしでも使用できる。過去でオリジナルパロットの
実験の際には暴走したマウスを氷漬けにしたり、周りに重圧をかけたりしている。

過去

幼少の時に母親から虐待を受けており、自分を殺そうとした母親を殺害。(その時に
殺意に目覚まめた。)
その後成人し、軍隊に入隊、一般女性と結婚するが、子を成せない事を悲願し妻が
自害。この時から「子供に絵本を読ませたい」と願うようになる。(実際に初登場時と
過去の入校式、授業、訓練時には絵本を読み聞かせていた。)

また、少々ズレているところもあり、生徒達の身体的特徴を調べるために男女問わず
風呂を覗いたり、事情を知ったリヒトーに養子になる事を持ちかけられた際には、
「パパと呼んでほしい」と涙ぐんだりしている。

関連タグ

プランダラ 軍人 悲しき悪役

コメント