ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:梅原裕一郎

概要

アルシアの軍人(階級は中尉)で中隊「ゲフェングニス」の隊長を務める。容姿は銀髪のオールバックにメガネをかけており、ややツリ目。
リヒトー逮捕のため自ら出撃し、一戦交え敗北。それ以来、リヒトー及び撃墜王の謎に巻き込まれていく。

過去でアルシア誕生の真実を知り、養父であるアラン大尉と交戦、敗北し王立軍と決別する。

王都陥落時には、アランと再会し司令官の座を託される。 
その後、ゲフェングニスを引き連れ時風の子供達を救出、リヒトーたちと映像越しに合流する。

作者曰く「前作守形英四郎を堅物にしたかんじ」らしい。
ちなみに、中性的な顔立ちなのか王都に潜入する際の女装は多くの番兵を虜にした(当然、本人は半ば乗り気ではなかった)。

ちなみに 「ジェイル」とは英語で「刑務所」を意味する。フルネームと担当している部隊から、さながら「監獄の番犬」という意味も兼ねているのかもしれない。

性格

自分の「信念」を貫く事を信条にしており、机の上で偉そうに命令する上層部や軍の昇進には興味がないらしく犯罪者は自らの手で捕まえるようにしている。犯罪者逮捕を重視し他の雑務を軽視しているため、リヒトーに一喝されている。また、自分を負かしたリヒトーや時風に因縁をつけるなど、負けず嫌いの気がある他、過去編で手違いで女湯に入った際、何食わぬ素振りを見せていたが風呂から上がったとたん、大量の鼻血を出してぶっ倒れるなどウブな一面も見せていた(ペレ曰く「こういうのには耐性がない」)。
以降、女性陣(特にナナ)が脱ぐ度に鼻血を出している。

能力

「鉄」を自由自在に操る能力を持ち、主に鉄の柱を作成して攻撃などを行う。この能力で造りだされた鉄は能力者が離れ続けると自然に消滅する。リヒトー暴走時の際は化身のようなものを召喚していた。

ゲフェングニス

ジェイルが率いる王立軍直轄の中隊。物語の中盤からジェイルと共に登場。
王立軍の中では一際異質で、幹部クラスは全員が撃墜王と同格の能力を持ち、元犯罪者でもあり、軍にその身を捧げる事で実刑を免れているようである。
そのため、虎視眈々とジェイルの命を狙っている節がある。
ちなみに「ゲフェングニス」とはドイツ語で「監獄」と言う意味。

メンバー

アセル=リュボーヴィー
階級は少尉。胸元が大きく露出したドレスのような軍服を着ており、顔立ちは前作イカロスに酷似している。
能力は空から蜜状の酸を出して対象物を溶かす事。ややヤンデレかつマゾ気質。

桜樹
階級は少尉。頭が大きく露出した小柄の老人で、女体を模した杖を持つ。
「ハゲ」と言う言葉には敏感で、それを指摘されると激しく憤激する。
能力は杖で書いた文字を実行する事で、その能力で空軍を殲滅した。

名無し
階級不明。小柄で貧乳、顔立ちは前作見月そはらに酷似している。
なぜか名乗らせてもらえない。(映像を切られる、ジェイルに頭を鷲掴みにされるなど)。
能力も現時点で不明だが、リィンのような体術系の模様。快楽殺人を好むようで、軍にいるのもそれが理由らしく、ジェイルから殺人を禁じられた際は豹変し激怒していた。

関連タグ

プランダラ 守形英四郎 メガネ

関連記事

親記事

プランダラ ぷらんだら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェイル=マードック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9421

コメント