ピクシブ百科事典

リヒトー=バッハ

りひとーばっは

漫画「プランダラ」の登場人物及び主人公。画像、左側の青年。
目次[非表示]

概要

本作の主人公。白髪の好青年で剣士のような恰好をしており、仮面で素性を隠している。
実は元軍人(階級は大佐)で300年前の廃棄戦争を終結させた7人の「撃墜王」のリーダー
でもある。

単身で王都に向かう途中で道安に殺害されるが、完全に死んだ訳ではなかった。
その後に復活し、陽菜に告白、両想いになったのち、道安と決着をつける。    

王都陥落後は、陽菜と行動を共にするも、特務の刺客により陽菜が負傷。
苦渋の選択を迫られるが、突然現れた時風の活躍により難を得る。
時風が生きていたのを喜ぶが、復讐鬼と化した時風の反撃に合い負傷、
陽菜も奪われてしまう。
 
その後、時風が議会の力でアルシアとアビスとの国境をなくしたのを目の当たりにし、
半分やけで特務の本部を目指すが、アビスより帰還した陽菜の制止で退却。
その後、特務の依頼により暴走する時風を止めるため、本部に帰還する。
(その際、階級が上級大将に昇格した。)


過去

元々は孤児であり、時風の祖母により坂井家の養子になる。その後、軍人になろうとしていた
時風を追いかける形で軍学校に入る。そこでその行動力と判断力を一目置かれ、撃墜王の
実験体となる。それにより「殺さない軍隊」を目指すが、思いもよらぬ現実を目の当たりにし、
心を閉ざしてしまう。この事がきっかけで、シュメルマンの殺意に支配されてしまい、
あらゆる戦場に投入された。

性格

優しい性格で、何も知らない陽菜からバロットを取り上げ、一時的に
悪者を買って出たり、部下の行いを軽視していたジェイルを一喝したりしている。

反面、スケベで陽菜のスカートの中を強引に覗こうとした。
(過去編では女湯を覗こうとしていた)

能力

「閃撃」の撃墜王の異名を持ち、目にも止まらぬ速さで動いたり、かなり高く跳んだりできる
超人的な脚力を備えている。また、手先も器用で壊れた人形を直したり過去編では手品を披露
している。

余談

  • 300年前の名前は「坂井離人」
  • 「リヒト」とはドイツ語で「光」を意味し、「バッハ」は「小川」という意味である。
  • 300年前の容姿はその性格も相まって前作の主人公・桜井智樹

 似ている。


関連タグ

プランダラ 桜井智樹 主人公

関連記事

親記事

プランダラ ぷらんだら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リヒトー=バッハ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 991

コメント