ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

cv:津田健次郎
3年生(比呂と同期)。捕手。右投げ・右打ち。
小学生の頃から国見比呂雨宮ひかり幼馴染で、比呂と長年バッテリーを組んでいる。2年秋の大会からは野球部主将も務める。比呂から厚い信頼を受けており、物語の転機に多く関わる。丸眼鏡をかけた巨漢で、大喰らい。中学時代は5番、高校では4番を打つ。勉強はできないが頭の回転は早い。

捕手としての能力は素晴らしく、強肩でリードも頭脳的。野球に関する知識も豊富で指導力もあり、比呂と英雄を一流に育てた。英雄曰く、「野田がいなければ、比呂も俺も甲子園には出ていなかっただろう」。愛好会時代には素人同然の上級生らの指導にあたり、千川が甲子園に出場したのも彼の力によるところが大きい。

腰を痛めたため上武医師の診断に従って野球をやめ、比呂と同じく野球部のない千川に進み、腰にはバタフライがいいと言われ水泳部に入部していた。比呂と同様に無免許医の誤診とわかり野球を再開する。

打者としては長打力があり、甲子園で明和一のエース石元から唯一のホームランを放った。三振は少なく凡打の大半は外野フライだが、あまり器用なバッターではない。捕手らしくリードを読んでのバッティングをする。

人を蹴落とせる性格でない比呂がプロに進むことには懐疑的だった。だが比呂の飛躍は誰からも疑いのないものとなっていく。南東京地区大会準決勝戦である明和一vs美斗工戦をひかりと観戦した際に「どうせおれが(比呂に)つきあえるのはこの夏までだ。」と発言。自分の実力ではプロ野球でも比呂とバッテリーを組むことは不可能なため、プロは目指さない意思を示す。美斗工は捕手に恵まれず敗退し、投手は悔し涙を流した。それを目にして比呂をよろしくと頼むひかりに肯き、甲子園で比呂を支える決意を新たにする。高校卒業後は一年浪人を覚悟して、大学進学を考えている。

比呂・英雄・ひかりの3人の関係が決着した時、青南中から友人関係の続く4人の1人として、3人以外では唯一彼らの真意に気が付いていた。

備考

名前は野村克也と古田敦也からであり、両者の名前を混ぜて作成されている。
1995年に放映されたTVアニメ版でcvを務めた津田健次郎氏は今作で声優デビューしている。

関連タグ

H2 国見比呂 橘英雄 雨宮ひかり 相棒 縁の下の力持ち

関連記事

親記事

H2 えいちつー

兄弟記事

コメント