ピクシブ百科事典

関目京悟

せきめきょうご

花ざかりの君たちへに登場するキャラクター
目次[非表示]

概要

演:岡田将生(日本ドラマ2007年版)/山田親太朗(日本ドラマ2011年版)
名前は大阪市城東区・関目駅(京阪本線)から取られている。
イメージフラワーはグラジオラス。
2年で瑞稀のクラスメイト。陸上部員で長距離をしている。跳ねた髪で眼鏡をかけている。
野江とはルームメイトであり、親友。そのためいつも野江とナンパをしたりしていた。
性格は基本的に冷静で大人だが、女好きなのがキズ。しかし、最終回後の番外編で彼女とできちゃった結婚をしている。

「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」(2007年版)

自称知的イケメン。
1、2話ではストレートの黒髪だったが、3話以降からはパーマのかかった茶髪になった。更に、原作とは違って裸眼。
2年生で寮は第2寮。瑞稀が最初に友達になった人物で、初めてイベントに参加する瑞稀の説明役。
相当なヘタレで合同コンパでは好意を寄せている阿部野エリカに声をなかなか声を掛けることが出来なかったり、遅れてきた七夕伝説では最初の試練で脱落してしまった。また、よく名前を間違えられる(関ヶ原、ニャロメ、関口…等)など不遇な役回りが多い。
前述の通り、阿部野エリカに好意を寄せており、合同コンパでは野江の協力でシャアに変身してカップル成立となった。しかし、その彼女からも名前を間違えられる。10話ではダンスパーティの際、本来のペア相手である野江に「ガンダムミュージアム」があると嘘をついてエリカと踊ったが、その後に野江には怒られ、エリカからも見損なわれてしまった。更に、11話での九十番勝負では腹筋中に足をつるヘタレっぷりを発揮し、「このヘタレ!」と言われた。しかし、文化祭では仲良くなっていたので関係は修復した模様。
佐野と同じ陸上部で、辞めた彼にも声をかけていた。4話の最後で佐野が合宿に参加してもいいかと聞いた際には優しい笑顔で「待ちくたびれたよ」と迎え入れ、その後も佐野にいきなり跳ばせようとする他の部員に対しても佐野を庇おうとした。5話では佐野が戻ってきて嬉しいという心境を明かし、「芦屋が来てからだよね、佐野が変わったの」と言ったり、海の家に電話をかけて瑞稀と喋らそうとしたりするなど気遣いができる部分を見せた。11話での陸上競技大会では、ハードル走に出場し3位という高記録を残した(難波からも「お前はもうヘタレじゃないぞ」と褒められた)。あまりにも嬉しかったのか、文化祭のことを忘れてしまっていた。
終盤、女がいるという噂が入った際には「騙されてるのは嫌だ」と言ったが、瑞稀が女とばれ、クラスメイトがメイド喫茶を辞めようとした際には「1度は賛成したなら最後までやり遂げようよ」と声をかけた。更に、男子トイレに入った瑞稀が他の生徒に責められた際には彼女を庇って、謝罪し「こんなんで仲悪くなるのは馬鹿らしい」と告げた。瑞稀を送る際には「芦屋とは想い出がいっぱいあるからなんて言っていいのか分からない」と涙を流し、瑞稀から「関目が一番最初に友達になってくれて嬉しかった」と告げられた。

「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」

原作同様眼鏡をかけている。
非常におどおどした性格だが、神楽坂が佐野に対して煽るような発言をした際には懸命に庇おうとしたり、寮生が佐野に期待を寄せた際には「重荷を背負わせるな」というなど気遣いはできる。
佐野と同じ陸上部に所属しており、種目は長距離。しかし、タイムが伸びずコーチからタイムも良くて身体も向いているハードルに種目変更することを提案される。その事を佐野に相談するものの軽くあしらわれてしまい(佐野が復帰していない自分がアドバイスをするのは無責任と考えたため)、「最初から才能に恵まれていた佐野には自分の悩みがくだらないことに思えるのかも」と考えて深く落ち込む。その後、佐野が「やってもいないのに悩んで可能性を狭めるのは勿体無い」と思っていたことが判明し、その事を瑞稀からきき、「大好きだ佐野!」と叫んだ。その後はハードルに掛けるが、長距離も捨てないことを決意。
終盤、いち早く桜咲学園に女性がいるという噂をきいてしまい、更にそれが瑞稀だということが分かった際には現実から目を背けるような行動をとった。瑞稀が去った際に残した放送では「湿ったい空気をカラッとさせる人間除湿機」と評された。また、瑞稀との別れの際には「俺が人間除湿機ならお前は人間乾燥機だ」といい「大好きだ」と告げた。

コメント