ピクシブ百科事典

難波南

なんばみなみ

漫画「花ざかりの君たちへ」に登場するキャラクター
目次[非表示]

声(ドラマCD):三木眞一郎
役者:水嶋ヒロ(日本ドラマ2007年版)/桐山漣(日本ドラマ2011年版)/唐禹哲(台湾ドラマ)/ソ・ジュニョン(韓国ドラマ)

人物

名前は大阪市中央区難波・難波駅(地下鉄御堂筋線・地下鉄四つ橋線・地下鉄千日前線・南海・JR・近鉄・阪神)と周辺地域の通称「ミナミ」から取られている。
イメージフラワーはデンファレ。
3年。瑞稀らが生活する第二寮の寮長。
美形でかなりの女好きのチャラ男だが、気さくで後輩思いの頼れる寮長でもある。第二寮に入寮する瑞稀にも親切に接した。強いリーダーシップもあり、寮生から圧倒的に支持を受けている。また、三寮長からなる「花桜会」のメンバーで、生徒会長的な役割も果たす。第一、第三寮長とはイベントがある度に何かと張り合っている。苦い恋の経験があり、それが女好きになった原因だと思われる。
伊緒の息子で、保健医の梅田北斗とは叔父と甥の関係。叔母の里緒からは「南ちゃん」と呼ばれている。後輩の中央千里から好かれているが、本人は避けて軽くあしらっている。真剣な告白も受けるが、結局振った。

「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」(2007年版)

通称「ワイルド系イケメン」。3年生で第二寮の寮長。6話の宝探しゲームで学ランをみつけて以降は花桜会の一員にもなった。イベントでの順位は毎回トップ3に入るほどの人気がある。
かなりの女好きで「歩く生殖器」と言われており、瑞稀と共にいた際にも天王寺が瑞稀に「そいつのそばに居ると妊娠するぞ」と言っているが本人は否定している。その他、中津や天王寺から「難波ではなくナンパ」と言われている。放送開始当時は15股していたが、中央の策略によって全員と別れ、現在は彼女なしとなっている。7話の時点で73日彼女がいないと中央の口から語られた。彼女が誰1人いないというのはあまりないようで、母の伊緒からも珍しいと言われている。今は彼女がいないせいで許嫁がいる天王寺から馬鹿にされているが、ナンパの実力は本物で、5話で中津が神楽坂にナンパ勝負で負けそうになった時には10人以上の女性を引き連れて勝利に導いた。大体の女は別れても興味がないようだが、5歳年上の中学時代の家庭教師だった加奈子だけは別で「本気で愛した唯一の女」と語っている。5話で彼女と再会した際には加奈子がなぜ突然いなくなったかという部分は触れず(本人曰く今が大事だから昔のことには興味ないらしい)、その上で関係を取り戻そうと誘ったが、彼女が結婚すると告げたことによって落ち込む。その後、最初は奪おうかと考えていたが、中央の言葉によって彼女の結婚を祝ったと同時に高校に言ってよかったと告げた。その時に中学の時は卒業したら働らいて一緒に暮らそうとしていたことが判明。
女好きなチャラ男な反面、中身は後輩思いで喧嘩を止めることも多い。また、廃校のデマが流れた際には母の伊緖にこの学校で退学になる生徒がいたら雇ってほしいと頼んでいる。その他にも横暴が過ぎる北浜に対して「いつまでも許されると思わないで下さい」と言って、天王寺、姫島と共に花桜会として中津の停学を取り消してもらうよう頼んだ。伊緖曰く、「何だかんだ桜咲学園が好き」らしい。
天王寺、姫島とは毎回のように争っており、花桜会の話をした際にも「都市伝説並のネタでしかない」と言っていたが、いざとなれば協力をしている(実際に花桜会も結成された)。
瑞稀とは登場する生徒の中で最後に出会っており、その時に寮案内をしている。また、スペシャルで瑞稀をみて環境が変わっても自分次第で変えられると思ったと語っている。
中央に好意を寄せられており、過剰なアプローチをされている。そのことに対して毎回嫌がっているが、友達がいなかった中央を和の中に入れてあげている過去を持っている。ダンスパーティでは、聖ブロッサム学園の生徒とペアになる予定だったが、ひばりとひばり4以外が体調不良に陥る事態となったため、中央と組むことになった。最初は辞退する予定だったが、ベストカップル賞をみて踊ることを決意。しかし、本番に天王寺がぶつかってきたことによって中央とキスをするハメになった。
最終話ではひばりがいう女を確かめるために着替える所を目撃しており、その1週間後に張り込んでいた時に瑞稀をみたため彼女を生徒会室に呼び出す。そこで、真実とその事情をきき、バレたら瑞稀本人が傷つくためこのままにはしておけないと判断するものの、「生徒を守るのが花桜会の役目」ということで「自分たちが卒業する3月までに新しい道をきめるようにする」という提案を瑞稀にした。その後、卒業することになった瑞稀に「桜咲学園は誰がなんと言おうとお前(瑞稀)の母校だ、なんかあったらどこへでもかけつけてやるからよ」という言葉を残した。また、その半年後、修学旅行に(他の寮長と共に)自腹で来ることが決定した。
スペシャルでは瑞稀の友達、ジュリアに積極的にアプローチを仕掛けているがあしらわれている。本人曰く第一印象で嫌われたのは初めてらしい。らまた、アレルギー持ちのため陣取合戦には参加しなかったが、中央が参加して優勝したためキスをされた。大学受験では顔を武器にして一芸で合格した。卒業式当日は泣いている中央を抱きしめていた。また、戻ってきた瑞稀に礼をいい、全生徒に「今しかないこの瞬間を存分に楽しんでめいいっぱい輝け」とエールを送った。

「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」

原作同様、女好きなチャラ男で、初めてあった瑞稀を男とみているのにも関わらず「君かわいい顔してるね」と口説くような口調で言っている。その直後に中津が瑞稀に「妊娠するぞ」と言っていたが、本人も「そうだよ」と肯定した。その他にも町であった見ず知らずの女性に花をあげたり、通りかかっていく水着の女性をしたからエロい目でみたりしている。3話では特別な彼女である加奈子と再会。どうして自分の前からいなくなったと問いただし、知らないといって最初は去るものの運動競技会で吹っ切れ、彼女の結婚を祝うための花束をかった。
基本的に瑞稀や中津の提案に賛成することが多く、合同球技大会をしたいと瑞稀たちが言い出した時には出来るように協力した他、失敗した際には責任をとった。他にも学園祭の運動競技会で大人達の策略と分かった際には寮生全員を立ち直らせるなどリーダーシップに長けている。瑞稀が責任を感じて落ち込んだ際にも桜咲学園の話をして慰めたことがある。
大人達によって振り回されることが多いが、その度に先陣を切ってなんとか立ち直らせようと奮闘する。
中央に想いを寄せられているが、毎回軽くあしらっている。しかし、首をかけて学園長に早期取り壊しを撤回するよう頼んだ時には彼がつくったお守りを受け取っている。
天王寺や姫島とは争うことは多いものの、佐野が跳ぶと決意した際には自分たちにも出来ることがあると考え、校舎の早期取り壊しを撤回するべく花桜会を結成した。
10話で噂の真意を確かめるべく女がいるか張り込みをしていた際に瑞稀をみて、瑞稀と佐野の部屋に来て真実と事情をきくが、瑞稀は大切な仲間だという理由で桜咲学園に留まることを許可した。しかし、瑞稀が全員に打ち明けたいという気持ちをきいてそれを了承する。噂が広まり、学園長たちに退学させられそうになるが、瑞稀がそれをひっくり返したことで間逃れ、このまま終われないと考える。その後、廃校式では自分たちの気持ちを瑞稀に伝えるためにダンスを踊った。
瑞稀が学校から去る際には「お前は凄いことを教えてくれたな」「元気で」という言葉を贈った。

pixivに投稿された作品 pixivで「難波南」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196

コメント