ピクシブ百科事典

神楽坂真言

かぐらざかまこと

「花ざかりの君たちへ」に登場するキャラクター

役者:城田優(日本ドラマ2007年版)/佐藤祐基(日本ドラマ2011年版)/阮經天(台湾ドラマ)/カン・ハヌル(韓国ドラマ)

人物

桃郷学院2年で、男子高校高跳び界の現トップ。中学の時に高跳びで佐野に負けて以来、佐野をライバル視していた。佐野が勝ち逃げしたまま怪我で引退したのが気に入らず、色々とつっかかっていたが、本心では誰よりも佐野の復帰を願っていた。傲慢な態度が鼻につく時もあるが、素は単純でお人好し。
佐野と瑞稀の仲を誤解しており、二人はホモだと思い込んでいる。中津とは仲が悪く、彼のことは「黄色」と呼んでいる(中津からは「かぐピー」と呼ばれている)。実家はお寺で、霊感も少しある様子。年上のお姉さま系が好みらしい。
妹が2人おり、長女・珠美は佐野のファンで、難波伊緒が経営しているペンションで彼にアタックするも、振られてしまった。次女・教美はその際に中津に懐いていた。
名前は神楽坂駅(東京都新宿区、東京メトロ東西線・都営大江戸線)から取られている。
イメージフラワーはハイビスカス。

「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」(2007年版)

原作同様、傲慢な態度をみせ、初期では瑞稀中津から嫌われていた。佐野が欠場した大会で初優勝したが、周りにはいくら優勝して佐野の記録を破っても暫定チャンプとしか思われていないため、佐野と同じ土俵にたって勝つしかないと思っている。そんなこともあってか初期は意地でも佐野を復帰させようとしていた。
5話では海の家で瑞稀たちと通遇し、中津たちを「その面とったら冴えない集まり」と馬鹿にした。その後、桜咲学園VS桃郷学園の勝負を申し込み、負けたら全裸という条件で5回の勝負を挑んだ(一応、1人ではないものの桃郷学園として呼んだ人達は明らかに高校生とは思えない黒人ばかりだった)。最終決戦のナンパ勝負では10人の女性を連れ、桜咲学園の方が1人(しかも天王寺が連れてきたおばあちゃん)しか連れてきていなかったため勝利を確信するが、難波が10人以上の女性を連れてきたため逆転負けという結果になり、全裸で帰った。
鼻につく態度が多いため勘違いされやすいが、根はいい人物で佐野が倒れた時はお見舞いをあげたり、桜咲学園が廃校になる(結局デマ)と聞いた時には1000円募金していた。また、佐野に強化合宿を勧めたり、彼が自分の父を恨んで教えを聞こうとしなかった時には「それじゃなんにも変わらない」とアドバイスともとれる発言をしている。最初は嫌っていた瑞稀もこの性格を知って「お前意外といい奴だったんだな」と褒めたり、中津も最終話で「意外といいやつ神楽坂じゃねーか」という発言をしている。
11話では、佐野と直接対決して、高校生最高記録を最新して見事1位に輝いた。
最終話ではメイドカフェに行き、佐野のメイド姿にビックリしながらも、中津から好みのメイドを指名出来ると聞いた際には佐野を選んだ。また、桜咲学園の選抜ファッションショーでは何故か自分まで女装した。その後、桜咲学園の生徒と共に瑞稀の見送りに参加し、「お前のおかげで佐野と勝負できた」と礼を言った。
お見舞いに行った際に酔っていた佐野にキスをされ、若干放心状態で帰っていったが、その後、スペシャルにてホモに目覚めたことが判明。「キスって人を狂わせるんだな…」といいながらお弁当を作っていたが、覚えていない佐野に「お前何言ってんの」と言われ「ひどい!初めてだったのにバカ!」と泣きながら帰っていった。

コメント