ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
青き眼の巫女
6
青き眼の巫女とは、遊戯王OCGに登場する魔法使い族のモンスターの1枚である。

概要

Vジャンプ2016年1月号で登場した光属性・魔法使い族のチューナーモンスター。

ブルーアイズ」モンスターに関連する効果を持つモンスターの一つ。

名称・外見・ステータス等から青き眼の乙女と同じサポートカード系のモンスターであるが、こちらは青眼の白龍を含めた多くのブルーアイズモンスター達を対象としている。

効果判明時はサーチ出来る範囲が少な過ぎて残念な効果に思われたが、すぐに青眼の亜白龍の登場で問題無く運用できるカードとなった。


カード性能

チューナー・効果モンスター

星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0

「青き眼の巫女」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):フィールドの表側表示のこのカードが効果の対象になった時に発動できる。

自分フィールドの効果モンスター1体を選んで墓地へ送り、

デッキから「ブルーアイズ」モンスターを2体まで手札に加える(同名カードは1枚まで)。

(2):このカードが墓地に存在する場合、

自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを持ち主のデッキに戻し、このカードを墓地から特殊召喚する。


能力は青き眼の乙女と同等であるのだが、戦闘に対する防御能力は皆無に等しい。

乙女と同じ運用はできないので、その辺りの使いどころには気を付けておきたい。


一つ目の効果はカードの効果の対象になった時に発動できる仕様で、自分フィールドの効果モンスターを墓地へ送る事でデッキから「ブルーアイズ」モンスターを1種類ずつサーチするもの。墓地に送るのは自身でもOKである。

何らかのカードをこのカードに対して発動するのが条件であり、更に乙女と異なり特殊召喚じゃなく手札に加える効果である。

基本的に青眼の亜白龍とその召喚条件となる青眼の白龍をサーチし、亜白龍を特殊召喚するのが主な使い方となる。もちろんこの組合せ以外でも青眼の光龍Sin青眼の白龍らもサーチの対象と出来る。

…が、これらは全て魔法カードである「ドラゴン・目覚めの旋律」でもサーチ可能であり、何でもよい手札コスト1枚のこちらの方が優先されやすいというというのはある。

巫女のみでサーチ出来るのは「ブルーアイズ」モンスター扱いの白き霊龍くらいのものであるが、こちらはデッキに居てくれた方が良いカードでもある為、余り利点にはなっていないのが現状でもある。

尤も、「青き眼」シリーズのモンスターの効果の発動条件と共用しやすい他、とにかく手札に青眼+亜白龍をそろえるべく両採用すると言う選択肢も十分に存在する。


二つ目の効果は墓地のこのカードと自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスターを入れ替えると言ったもの。この効果では青眼の究極竜も墓地へ送る事が出来る。

同時期に登場した「青き眼」シリーズはデッキから「ブルーアイズ」を特殊召喚する効果が多い為、デッキの中に特殊召喚するブルーアイズが居なくなった時には役に立つ。


関連イラスト


関連タグ

遊戯王OCG 魔法使い族 ブルーアイズ

概要

Vジャンプ2016年1月号で登場した光属性・魔法使い族のチューナーモンスター。

ブルーアイズ」モンスターに関連する効果を持つモンスターの一つ。

名称・外見・ステータス等から青き眼の乙女と同じサポートカード系のモンスターであるが、こちらは青眼の白龍を含めた多くのブルーアイズモンスター達を対象としている。

効果判明時はサーチ出来る範囲が少な過ぎて残念な効果に思われたが、すぐに青眼の亜白龍の登場で問題無く運用できるカードとなった。


カード性能

チューナー・効果モンスター

星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0

「青き眼の巫女」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):フィールドの表側表示のこのカードが効果の対象になった時に発動できる。

自分フィールドの効果モンスター1体を選んで墓地へ送り、

デッキから「ブルーアイズ」モンスターを2体まで手札に加える(同名カードは1枚まで)。

(2):このカードが墓地に存在する場合、

自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを持ち主のデッキに戻し、このカードを墓地から特殊召喚する。


能力は青き眼の乙女と同等であるのだが、戦闘に対する防御能力は皆無に等しい。

乙女と同じ運用はできないので、その辺りの使いどころには気を付けておきたい。


一つ目の効果はカードの効果の対象になった時に発動できる仕様で、自分フィールドの効果モンスターを墓地へ送る事でデッキから「ブルーアイズ」モンスターを1種類ずつサーチするもの。墓地に送るのは自身でもOKである。

何らかのカードをこのカードに対して発動するのが条件であり、更に乙女と異なり特殊召喚じゃなく手札に加える効果である。

基本的に青眼の亜白龍とその召喚条件となる青眼の白龍をサーチし、亜白龍を特殊召喚するのが主な使い方となる。もちろんこの組合せ以外でも青眼の光龍Sin青眼の白龍らもサーチの対象と出来る。

…が、これらは全て魔法カードである「ドラゴン・目覚めの旋律」でもサーチ可能であり、何でもよい手札コスト1枚のこちらの方が優先されやすいというというのはある。

巫女のみでサーチ出来るのは「ブルーアイズ」モンスター扱いの白き霊龍くらいのものであるが、こちらはデッキに居てくれた方が良いカードでもある為、余り利点にはなっていないのが現状でもある。

尤も、「青き眼」シリーズのモンスターの効果の発動条件と共用しやすい他、とにかく手札に青眼+亜白龍をそろえるべく両採用すると言う選択肢も十分に存在する。


二つ目の効果は墓地のこのカードと自分フィールドの「ブルーアイズ」モンスターを入れ替えると言ったもの。この効果では青眼の究極竜も墓地へ送る事が出来る。

同時期に登場した「青き眼」シリーズはデッキから「ブルーアイズ」を特殊召喚する効果が多い為、デッキの中に特殊召喚するブルーアイズが居なくなった時には役に立つ。


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. あの日助けた幼い兄妹が、怒濤の勢いで恩返ししてきます

    読む▶︎
  2. 自称・保護者の騎士様が後方腕組み彼氏面で私(聖女)のお見合いを邪魔してきます!

    読む▶︎
  3. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー