ピクシブ百科事典

高遠遙一の父親

いまだしょうたいふめい

漫画「金田一少年の事件簿」の登場人物。
目次[非表示]

高遠遙一には実父と養父が存在するがここでは実父の方を指す

概要

最初に存在が語られたのは『薔薇十字館殺人事件』。
高遠遙一月読ジゼルの実の父親で近宮玲子美咲蓮花を妻(もしくは恋人)に持つ。貿易商を務める高遠の養父からは「あの悪魔」、蓮花によると「優しい人」であったようで二面性がある模様。
息子の高遠には完全犯罪の舞台装置が仕込まれた薔薇十字館や謎の洋館などを遺し、彼と娘ジゼルには貴重な薔薇「蜉蝣」(アニメ「夢幻」)を遺している。
黄金島中学校舎や蟻地獄壕といった既存の施設にも犯罪の舞台装置として大改修を施している(聖恋島コテージや井の頭線渋谷駅の建造にも関わっている説があるが公式からは触れられていない)。そこから明智健悟は彼を「高遠とよく似た気質」と考察している。

ジゼルによると彼女が幼い頃に既に亡くなっているらしい?

正体

既存の人物なのかそれとも新キャラクターなのか、そもそも製作サイドが設定を決めているのかすら不明でファンの間で色々なキャラクターが予想されている。
考察の材料としては上述の他ジゼルの名や近宮と高遠養父の職業から外国人の可能性も考えられている。

候補

■狭山恭次(犯罪を芸術と考える、故人という共通点がある為。当時貧乏学生で館を建てることができない為恐らく白だが、埋められてから蘇生して別の人物の遺体を蝋人形城の建設地に埋め、死を偽造し何らかの資産により館を建設したという仮説もある)
■長崎巧四郎(玲子の人形を所持するほど彼女に好意を抱いている。だが玲子に息子がいることを知らなかったので恐らく白)
■毛利御門(疑いは晴れたかに思えるが、薔薇に興味があり高遠と同様の喋り方をする、さらに蓮花が死亡したローズグランドホテルの支配人で50歳と蓮花と結婚できる年齢である為)
■ユーリ・イワノフ(トリックだらけの館・露西亜館を建設した奇術に詳しいロシア人で資産家でもある為)
■オペラ座館を作ったファントムに憧れた男(金田一がその男がオペラ座館を出ていったと語った時に高遠脱獄の連絡が入る、犯人のレオナが館を利用して殺人を行っているなど)
マリア・フリードリヒの関係者(ジゼルの怪人名ローゼンクロイツはドイツ語で薔薇十字、ドイツ人は彼女とその一族のみの為)
■湊青子の実父(ルーマニア人で妻が二人おり、故人かつ資産家である)
■金田一一の父親の務める会社の社長
■山之内恒聖(まさかの露西亜館所有者本人、作家として大成後に大急ぎで他の館を立てたと考えれば無理矢理。蓮花の表面上は優しい人と一致するが明らかに無理である)
■麦林美佳の元夫(資産家かつ故人で複数の妻がいる)
■九頭龍匠(探偵学園Qと世界観が共通な為)
キング・ハデス(犯罪を芸術と考える精神や悪魔のような人物であるが、薔薇に興味は無い)
一ノ瀬薫(探偵学園Q)の父親(生前妻に大会社を残しており、息子が殺人犯である為)

関連タグ

金田一少年の事件簿 高遠遙一 月読ジゼル 近宮玲子 美咲蓮花
石塚運昇…2014年放送のTVドラマ『金田一少年の事件簿NEO』で高遠の義父を演じた。
しかも、顔出しで!

コメント