ピクシブ百科事典

魔物の子の本

こんじきのがっしゅのほん

魔物の子の本とは、漫画作品『金色のガッシュ』および、その作品を原作としたアニメ『金色のガッシュベル』に登場するキーアイテムである。メイン画像の濁点部分に使われている本がそれである。
目次[非表示]

概要

魔物の子の本とは、金色のガッシュに登場するキーアイテム。
1000年に一度行われる「魔界の王を決める戦い」において、王候補とされた百人の魔物の子供たちに一冊ずつ渡された上で人間界に送られてくる。

共通する特徴としてハードカバータイプの表紙と裏表紙を持ち、その表面には正三角形と逆三角形を頂点で合わせ、それぞれの角に円を重ねている図形が描かれている。
相違点として、一冊ずつ全て色が異なり、本の色は基本的に変わることは無いが、物語のクライマックスにおいて、ガッシュは一時的に本の色が赤から金色に変わったことがある。
尚、この本に関する正式な名称は不明。
また、この本を製作した存在についても不明で、そもそも魔界の王を決める戦い自体、魔界に生きる魔物や魔界の王の意思を無視して行われる
クリア・ノートによると、「1000年経つと魔界に勝手に現れる」と言われており、人間界だけでなく魔界においても、この本が何故作られて、何故人間界を舞台に人間と魔物がペアを組んで戦うのか。と言う根本的な疑問に関しては不明で、魔界と人間界を超える事のできる力すらもこの本の能力であるかの様に描写されている。まさしく神の被造物としか言いようが無い

本の内容

本には文字が記されているが、この文字は魔界の言語というわけでなく、通常の方法で解読することは出来ない。
基本的には魔界の文字は、この本に書かれているものに似た文字を使用しているのだが、何故だか『魔物の子供の本の文字』だけは魔界の文字を読めるようになっても読めない。
清磨、およびナゾナゾ博士曰く、「文字が読めないのではなく、まだ文字が書かれていない」のであり、魔物の子供の術に関しては、魔物の子供が成長することで文字として浮かび上がるとのこと。

この文字の大部分は青くなっているが特定の条件(魔物の術の目覚めや戦いの進行状況の告知など)が満たされると部分的に本の色に光り、対応するパートナーの人間は色が変わった部分の文字を読めずとも何が書かれているかを「理解」することが出来る。

機能

第一にして最重要の機能として、魔物の子供を人間界にとどめるという機能を持つ。
これが燃やされた場合、持ち主の魔物は王になる権利を剥奪され魔界へ強制送還される。
この際、送還するときには本が燃えるに従って徐々に魔物の子供の体が透けていくという形で魔物の子供は魔界に帰っていく。
尚、この本を「燃やす」ためには原作では二通りの方法が存在しており、本物の火を本に点けるか、魔物の術による攻撃を本に与えるかの二種類によって本を燃やすことができる。
この本に火が付くと、水に漬けても消すことは出来ず、完全に燃えてなくなるのを待つしかない。
ただし、作中においてブラゴの術によって本が潰された場合は発火しなかった為、何らかの基準がある模様(「変形」は「破損」に含まれない?)。本は更に攻撃を加えるなどにより焼失が加速し、魔物もその分早く送還される。逆に言えば、完全に本が消滅しない限り限定的に魔物は人間界に止まっており同時に呪文も使用できるため、ガッシュの仲間となった魔物が最後の足掻きとして消滅前に奮闘した場面が多々見られる。
アニメ版のみ、魔物が戦闘不能に陥るほどの大ダメージを負うと術や火が本に触れていないのにひとりでに本が燃え出すような演出があった。
その他、基本的には本の持ち主自身が本を燃やす・持ち主の魔物の術で本を燃やすといったことはできないという特徴もある(ただし、他の本の持ち主が、本来の持ち主の魔物の術によってついた火に本を放り込んだ際は燃える等の例外もある)。

第二の機能として、人間の心の力を術に変換する。ことができる。
この機能が、金色のガッシュにおける物語の核となる。
本には魔物の子供が使える術が書かれており、パートナーとなる人間が心の力を込めて術の名前読むことで、魔物の子供は術を使うことができる。
ただし、『この本に書かれている術を、魔物の子供が使える』のではなく、『魔物の子供が使えるようになった術が、この本に浮かび上がり』読めるようになるのである。
言い換えるならば、魔物の子供の成長記録である。
また、文字だけでなく文自体も魔物の子供の成長によって変化するようで、当初清磨は一ページの上部に書かれている一行だけで「ザケル」と読めていたのだが、ガッシュの成長によって術の威力が上がった際には、丸々一ページ分に書かれている文字全てでザケルと読めるようになった。

このケースから察するに、読める文字量が多ければ多いほど、強力な術になるということになる。

第三の機能
人間界に留まる魔物が30人減るごとに、対応する文字の色が変わり残りの魔物の数を告知する。魔物が残り10人になった時は王になった時の特権も伝えられ、本に触れることで残った魔物とそのパートナーに現在の魔界の状況を見せることが出来る。

第四の機能
100人の魔物の中には戦いを好まない魔物もおり、コルルなどの強制的に戦いに参加させられた魔物には、戦いから逃げられないように好戦的な人格を与えられる能力もある。この人格を与えられると、理性をなくして無差別に人を傷つけてしまう。

コルルはこの戦いを自ら辞退して清麿に本を燃やしてもらい、魔界に帰還をする。これが元でガッシュは王になる目的を得た。

また、詳細は不明だが、魔界と人間界を超えて行き来する事のできる力も、この本によってもたらされている様である。
作中では、魔界から来た巨人であるファウードの体内には魔界と人間界を行き来する事のできる転送装置が組み込まれていたが、魔界の王を決める戦いが終了すると共に、起動できなくなっている。
一方で、最終勝者であるガッシュの「赤い本」は、戦いの決着が付くと同時に清麿の元から消えたが、番外編においてガッシュの危機に際し再び彼の前に現れている(そしてガッシュが危機を乗り切るとまたどこかへと去って行った)。
この他にも、魔界の王を決める戦いを戦った魔物たちの元に、この本の表紙と同じマークを持った便箋と共に人間界へのお手紙セットが届き、便箋は人間界に手紙を届けた後に本へと姿を変えて魔界へと戻っていた事から、必要に応じて姿形すらも変えられる様である。

呪文

基本的には百人がそれぞれ個別の呪文を持っており、魔物が得意とする属性に応じてそれぞれの呪文が当てられる。
一方で、効果の内容によっては呪文の一部がかぶったり、呪文そのものがかぶることがある。
また、呪文の威力によって共通の言葉が入ることもあり、それでおおよその呪文の威力を図ることも多い。

ル系

口や手から電撃やエネルギー弾、音波のようなもの等を放つ放射系の基本呪文。
電撃を放つザケルや、氷の塊を放つギコル、炎を放出するエムルなどの種類がある。
使い手は人型の魔物から爬虫類系の魔物まで様々。
術の狙いを定める時の挙動などで、動きが少し読まれやすいという特徴がある。

ルガ系

ル系の上位呪文。
炎や電撃などがビーム状に収束し、ル系よりも貫通力を増した呪文。
ル系よりも攻撃範囲が狭まる代わりに威力は高まっているが、呪文の中では初級の上程度の立ち位置にある。
もっとも、魔物の身体的特徴や所有武器との相乗効果によって、貫通力だけでなく変則的な軌道をとれる柔軟性などが加わる術も混ざっている。

イド系

口などから液体や炎、ガスなどを放出する放射系の基本呪文。
ル系にも似ているが、こちらは横幅がやや広めな代わりに輪状になっているものや、破壊力より拘束力に重点が置かれたものなど、良くも悪くも癖のある術が複数見受けられる。

シル系

盾を呼び出す防御系の呪文。作中では主にティオのみが使用していた。
ドーム状の透明なバリアを展開する呪文で、地下以外の攻撃を防御する事ができると言う範囲性に優れた呪文だが、シルド系に比べると脆いと言う欠点がある。

シルド系

盾を呼び出す系統の呪文。〇〇・シルドの様に、シルドの前に何らかの言葉が入る。
シル系に比べて強化された盾を呼び出す事ができ、ティオの様な防御を主体とする魔物以外は一番基本となる防御呪文はこのシルド系が多い。
防御呪文としては一面に展開するため、回り込まれての攻撃に弱いという特徴を持つ。

セン系

手や肘、腹などから弾丸や錐体といった物質状のものを放出する、狙撃系の呪文。
軌道自体は複雑ではないが、一度に複数の数が発射されることが多いのが特徴。

ルク系

身体強化系の呪文。ドルクを基本に、シュドルク、ギドルクなどの様に主にドルクに文字がプラスされることが多いが、ラウザルクやシン・フェイウルクなど、多少アレンジされていることも多い。
主に動物系の魔物が使うことが多いが、その汎用性の高さから動物系によらず多くの魔物の子供が所持している呪文の一つ。

ニュ系

粘性のある液体の放出等を行う呪文。主にビョンコが使用しているが、パピプリオも多少かじっている。
直接的な物理攻撃を行う類のものは少ないが、比較的強力なものが多め。

ディオ級

上級呪文。主に強化系の上位呪文であり、ルク系の呪文の前にディオ・○○ドルクなどの様に使われる。

ギガノ級

一つの目安となる中級呪文。ギガノ・○○のようにギガノの言葉の後に初期呪文の名前がつく形で強化される。

テオ級

ギガノ級に匹敵する中級呪文。ギガノ級と同じく、テオ・○○のように初期呪文が強化される。

ラージア級

広範囲の呪文。
規模や範囲は大きめだが初級の術並みかそれよりやや上程度の威力を持っている。

ディノ級

ディオガ級か、それに匹敵するほどの威力を持つ呪文。

ディオガ級

物語中盤にあたるファウード編までは最大呪文とされており、ディオガ級の呪文を持つかどうかが戦力の境目とされていた。

オウ系

バオウ・ザケルガをはじめとする、ディオガ級に匹敵する呪文。
ファウード編まではディオガ級と並んで最大呪文とされており、ディオガ級との違いとして、魔物の子供が放った攻撃が動物の形状をしている。

シン級

ラスボスとの戦いで明らかになった呪文の頂点。
強力である反面、反動が大きいことが多い。

関連タグ

金色のガッシュ!!

関連記事

親記事

金色のガッシュ!! こんじきのがっしゅ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔物の子の本」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62

コメント