2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

魔物の子の本

こんじきのがっしゅのほん

魔物の子の本とは、漫画作品『金色のガッシュ!!』に登場するキーアイテムである。便宜上「王を決める戦い」についてもここで説明する。
目次[非表示]

概要

魔物の子の本とは『金色のガッシュ!!』に登場するキーアイテム。
1000年に一度行われる「魔界の王を決める戦い」において、王候補とされた百人の魔物の子供たちに一冊ずつ渡された上で諸共人間界に送られてくる。

正式な名称は不明で、一部の媒体では「魔本」とも略される。
共通する特徴としてハードカバータイプの表紙と裏表紙を持ち、その表面には正三角形と逆三角形を頂点で合わせ、それぞれの角に円を重ねている図形が描かれている。
相違点として、一冊ずつ全て色が異なり、本の色は基本的に変わることは無い。

本の内容

本には文字が記されているが、人間にも魔物にも通常の方法で解読することは出来ない。
基本的に魔界の言語は似た文字を使用しているのだが、本に書かれているものはそれとも違っている模様。

記された文字の大部分は青くなっているが、特定の条件(魔物の術の目覚めや戦いの進行状況の告知など)が満たされると一部の文面が本と同じ色に光り、対応するパートナーの人間は色が変わった部分の文字を読めずとも何が書かれているかを「理解」することが出来る。

清磨およびナゾナゾ博士は「文字が読めないのではなく、まだ文字が書かれていない」と推察しており、魔物の子供の術に関しては、魔物の子供が成長することで文字として浮かび上がるとのこと。

機能

  • 『人間の心の力を術に変換』

この機能が『金色のガッシュ!!』における物語の核となる。
本には魔物の子供が使える術が書かれており、パートナーとなる人間が本を手に心の力を込めて術の名前を叫ぶことで、魔物の子供は術を使うことができる。

元々魔物たちは魔界において本無しでも術を使うことが出来るが、殆どの者は初級~中級前半止まりで、大きな変化を起こせる上級術の習得者は一握りの有力者しかいない。
しかし「王を決める戦い」の参加者として人間界に送られた魔物の子は、パートナーの助力無しでは初級術ひとつ放てない制約を課せられる。その代わりパートナーの宣言で放たれた術は、本来のものより威力や燃費が大幅に強化されている。

また、文字だけでなく文自体も魔物の子供の成長によって変化するようで、当初清磨は一ページの上部に書かれている一行だけで「ザケル」と読めていたのだが、ガッシュの成長によって術の威力が上がった際には、丸々一ページ分に書かれている文字全てが「ザケル」と読めるようになった。
このケースから察するに、読める文字量が多ければ多いほど、強力な術になるということになる。

パートナーと重ねた修練次第では、その魔物だけでは決して引き出せないレベルの力も扱える様になり得、いわば「潜在能力の前借りや拡張」とも言える。
だが最も重要なのはパートナーたる人間の「心の力」であるため、ゾフィスの様な操り人形にした人間を介して放たれる場合、元々の威力を超えるような成長性は一切見込めない。

なお原作の解釈としては『この本に書かれている術を、魔物の子供が使える』のではなく、『魔物の子供が使えるようになった術が、この本に浮かび上がり』読めるようになるとされており、言い換えるならば魔物の子供の成長記録である。

ちなみに、条件さえ満たせば魔物と人間双方の意志に関わらず発動はする為、偶発的に出てしまう珍事も起こりうる他、人間側の独断で緊急行使させることも可能。


  • 『魔物の子供を人間界に繋ぎとめる』
これも最重要の機能であり、本が燃やされた場合、持ち主の魔物は王になる権利を剥奪され魔界へ強制送還される。
この際、本が燃えるに従い徐々に魔物の体が透けていくという形で魔界に帰っていく。

この本を「燃やす」には、本物のを本に点けるか、魔物の術による攻撃で本を明確に傷つけるかの二種類に大別される。
後者の場合は水や風といった火を起こさない属性であっても、損傷部から本が勝手に発火し燃え始めるが、作中においてブラゴの術によって本が潰された場合は発火しなかった為、何らかの基準がある模様(「変形」は「破損」に含まれない?)。

またアニメ版のみ、魔物が戦闘不能に陥るほどの大ダメージを負うと術や火が本に触れていないのにひとりでに本が燃え出すような演出もあった。

そしてこの本に火が付くとその時点で敗退と見做され、水に漬けても消すことは出来ず、完全に燃えてなくなるのを待つしかない。逆に更に攻撃を加えるなどで焼失を加速させる事は可能で、魔物もその分早く送還される。

逆に言えば、完全に本が消滅しない限り一応魔物は人間界に留まっており、どこがどれだけ燃えようと呪文の使用にも一切支障が無いため、ガッシュの仲間となった魔物が最後の足掻きとして消滅前に奮闘した場面も多々見られる。

その他、本の持ち主自身が本を燃やしたり、持ち主の魔物の術で本を燃やすといったことはできないという特徴もある。ただし直接的な行為に限られ、他の本の持ち主が、本来の持ち主の魔物の術によってついた火に本を放り込んで焼失させたケースもある。
これは特訓中や日常生活中の過失といった「王を決める戦い」と関係のない自滅を防ぐための措置と思われるが、千年前の魔物やファウード等"参加者以外の魔物"の手によっても燃えてしまう抜け穴がある。


  • 『進行度の自動告知』
人間界に留まる魔物が30人減るごとに、対応する文字の色が変わり残りの魔物の数を告知する。
魔物が残り10人になった時は「王になった時の特権」もこの本を介して伝えられ、本に触れることで残った魔物とそのパートナーは現在の魔界の状況を見ることが可能。

その他「王を決める戦い」が終わった後少しすると、戦った魔物たちの元に、この本の表紙と同じマークを持った便箋+人間界へのお手紙セットが「参加賞」として現れる。魔物本人が望むなら、共に戦った人間へ一度だけ手紙を送る事が出来、魔界の文字で書いても郵送先には読解が可能。
便箋は人間界に手紙を届けた後に本へと姿を変えて魔界へと戻っていた事から、必要に応じて姿形すらも変えられる様である。

呪文

基本的には百人がそれぞれ個別の呪文を持っており、魔物が得意とする属性に応じてそれぞれの呪文が当てられる。
一方で、効果の内容によっては呪文の一部がかぶったり、呪文そのものがかぶることがある。
また、呪文の威力によって共通の言葉が入ることもあり、それでおおよその呪文の威力を図ることも多い。

系統

  • ~ル系

口や手から電撃やエネルギー弾、音波のようなもの等を放つ放射系の基本呪文。
電撃を放つザケルや、氷の塊を放つギコル、炎を放出するエムルなどの種類がある。
使い手は人型の魔物から爬虫類系の魔物まで様々。
術の狙いを定める時の挙動などで、動きが少し読まれやすいという特徴がある。

  • ~ス系
ル系とほぼ同じ放射系の基本呪文。レイスやゾニス、ギニスなどが該当する。

  • ~ルガ系
ル系の上位呪文。
炎や電撃などがビーム状に収束し、ル系よりも貫通力を増した呪文。
ル系よりも攻撃範囲が狭まる代わりに威力は高まっているが、呪文の中では初級の上程度の立ち位置にある。
もっとも、魔物の身体的特徴や所有武器との相乗効果によって、貫通力だけでなく変則的な軌道をとれる柔軟性などが加わる術も混ざっている。

例:ザケルガ、ゼガルガ、ネシルガなど

  • ~イド系
口などから液体や炎、ガスなどを放出する放射系の基本呪文。
ル系にも似ているが、こちらは横幅がやや広めな代わりに輪状になっているものや、破壊力より拘束力に重点が置かれたものなど、良くも悪くも癖のある術が複数見受けられる。

例:ダレイド、モスレイド、ビレイドなど

  • ~シル系
盾を呼び出す防御系の呪文。作中では主にティオのみが使用していた。
ドーム状の透明なバリアを展開する呪文で、地下以外の攻撃を防御する事ができると言う範囲性に優れた呪文だが、シルド系に比べると脆いと言う欠点がある。

例:セウシル、ギガ・ラ・セウシルなど

  • ~シルド系
盾を呼び出す系統の呪文。〇〇・シルドの様に、シルドの前に何らかの言葉が入る。
シル系に比べて強化された盾を呼び出す事ができ、ティオの様な防御を主体とする魔物以外は一番基本となる防御呪文はこのシルド系が多い。
防御呪文としては一面に展開するため、回り込まれての攻撃に弱いという特徴を持つ。

例:ラシルド、レルド、ファシルドなど

  • ~セン系
手や肘、腹などから弾丸や錐体といった物質状のものを放出する、狙撃系の呪文。
軌道自体は複雑ではないが、一度に複数の数が発射されることが多いのが特徴。

例:リグロセン、ゼルセン、べギルセンなど

  • ~ルク系
身体強化系の呪文。ドルクを基本に、シュドルク、ギドルクなどの様に主にドルクに文字がプラスされることが多いが、ラウザルクやシン・フェイウルクなど、多少アレンジされていることも多い。
主に動物系の魔物が使うことが多いが、その汎用性の高さから動物系によらず多くの魔物の子供が所持している呪文の一つ。

例:ラウザルク、シュドルク、ギドルクなど

  • ~フェイ系
飛行や高い跳躍力を手に入れる術、基本上記の身体強化のルク系に繋がることが多いがフェイ・ファルグのような例外もある

例:ミンフェイ・ミウルク、シン・フェイウルク、フェイ・ファルグなど

  • ~ニュ系
粘性のある液体の放出等を行う呪文。主にビョンコが使用しているが、パピプリオも多少かじっている。
直接的な物理攻撃を行う類のものは少ないが、比較的強力なものが多め。

例:ギガロロ・ニュルルク、ニュレイド、ギガノ・ニュシルドなど

  • ガンズ系
基本術を小型化し連射する呪文、1発当たりの威力はル系よりも低いが数が多いため総ダメージで勝り、牽制にも使える。

例:ガンズ・ガラン、ガンズ・バウレン、ガンズ・ぜガルなど

  • ~ジャス系
地面からル系などの基本術を出す呪文、地面から出る攻撃が単体だとエイジャス、複数になるとガンジャスとなる。

例:エイジャス・ガランガ、ガンジャス・ネシルガ、ガンジャス・バルフレイなど

  • オル系
操作性を高めた呪文で相手を追尾したり任意で方向を操作できる、呪文名としてはオル・〇〇などのように使われる。

例:オル・ウィガル、オル・ミグルガ、オルダ・ビレイロンなど

等級

  • ディオ級

上級呪文。主に強化系の上位呪文であり、ルク系の呪文の前にディオ・○○ドルクなどの様に使われる。

例:ディオエムル・ジュドルク、ディオギコル・ギドルク、など

  • ギガノ級
一つの目安となる中級呪文。ギガノ・○○のようにギガノの言葉の後に初期呪文の名前がつく形で強化される。

例:ギガノ・レイス、ギガノ・ゾニス、ギガノ・ゼガルなど

  • テオ級
ギガノ級に匹敵する中級呪文。ギガノ級と同じく、テオ・○○のように初期呪文が強化される。

例:テオ・ザケル、テオ・ラドム、テオ・ラディス

  • ラージア級
広範囲の呪文。
規模や範囲は大きめだが初級の術並みかそれよりやや上程度の威力を持っている。

例:ラージア・ジュガロ、ラージア・ザケル、ラージア・ゼルセンなど

  • ディノ級
ディオガ級か、それに匹敵するほどの威力を持つ呪文。

例:ディノ・リグノオンなど

  • エクセレス級
Xの字に放射される上級呪文。使用者が二人しかいないため詳しい位置付けは不明だが、パムーンの場合はゴーレンへのトドメに使おうとしたこと、ガッシュの場合はディボルト・ジー・グラビドンと相殺したことなどから相応に強力なことが窺える。

例:エクセレス・ファルガ、エクセレス・ザケルガ

  • バルスルク級
身体強化の上級呪文、強化幅は凄まじいが術を使用している本人の理性も失われるため作中では禁呪として扱われていた。

例:ギルガドム・バルスルク、ギルファドム・バルスルク

  • ディゴウ級
身体強化の上級呪文。バルスルク級同様に強化幅が大きくリスクも大きいが、作中では使用したのはブラゴとコーラルQのみであり、リスクについては両者で大きく差がある為、判然としない。

例:ディゴウ・ロボルク、ディゴウ・グラビルク

  • ディスグルグ級
竜族が使う上級呪文。竜の体の一部を強化し攻撃するものでテイル(尻尾)やクロウ(爪)などの部位を指定する単語と合わせて用いられる。
例外としてガッシュも使うことができるが彼の場合は体の一部が強化されるのではなくバオウの右腕を召喚し操るというものになる。

例:テイル・ディスグルグ、バオウ・クロウ・ディスグルグ

  • ディオガ級
物語中盤にあたるファウード編までは最大呪文と認識されており、ディオガ級の呪文を持つかどうかが戦力の境目とされていた。ファウード編では如何にしてディオガをより効果的に使うかが鍵となっており、クリア編においても依然強力な呪文として用いられた。

例:ディオガ・グラビドン、ディオガ・ファリスドン、ディオガ・ラギュウルなど

ただしギガノ級程度の威力しかなかったりディオガを凌いだりと使用者によって威力はまばら。
ラオウ→ゴライオウのように術が強化されることもある。
ファウード編まではディオガ級と並んで最大呪文とされており、ディオガ級との違いとして、魔物の子供が放った攻撃が動物の形状をしている。

例:バオウ・ザケルガ(雷の竜)、スオウ・ギアクル(水の竜)、ラオウ・ディバウレン(白虎)

  • マ級
ディオガ、オウ級を凌ぐ力を持つ呪文、キッドやレイラのように早い段階で習得していた魔物もいるがファウード編以前にマ級を習得している魔物は魔界に帰るのが早かったためファウード編以前ではディオガが以前最上位という認識となっている。
尚、例外的にティオは初期呪文の一つとして、マ・セシルドという防御呪文を覚えているが、ディオガ級・オウ級には歯が立たなかったことから、接頭詞として使用するのと接続詞として使うのでは威力に大幅な差があり、接続詞としての使用が強力であると推察される。

例:ミベルナ・マ・ミグロン、ミコルオ・マ・ゼガルガ、グラード・マ・コファル

  • シン級
ラスボスとの戦いで明らかになった呪文の頂点。
強力である反面、反動が大きいことが多い。

例:シン・バベルガ・グラビドン、シン・シュドルク、シン・ポルクなど

分類不明

作中では以上の分類には定義できない、複雑な呪文も多数存在する。
この分類に当てはまる傾向にあるのは、レインやゴームのように一般的な魔物から外れた、突然変異的な特徴を持った魔物である。
特に、ゴームの場合は昆虫類的な外見や、各種器官の構造など、作中で登場したどの魔物からも並外れた外見と生態をしているからか、呪文の構成も特に異質である。

例:アボロディオ、ディオボロス・ランダミート、バルドフォルス

関連タグ

金色のガッシュ!!












以下、最終的なネタバレを含みます。








  • 『核心的な謎』
最後の魔物クリア・ノート曰く「1000年経つと魔界に勝手に現れる」と言われており、人間界だけでなく魔界の学会においても、この本が何故作られて、何故人間界を舞台に人間と魔物がペアを組んで戦うのか、と言う根本的な疑問を突き止められてはいない。

即ち「魔界の王を決める戦い」自体、魔界に生きる魔物や魔界の王の意思を無視して行われており、「100人の魔物の子」の選別も、劇場版では魔界学園の校長がしているという独自の解釈が行われたが、実際はもっと大きな意志によって本人の許可もなく本が現れる形で選ばれている。
流石に(ブラゴやゼオンといった)力量や王になる意欲の強い子供が多いものの、(ティオやコルルのように)戦いや王になる事への意欲が無い子供も入っている為、選別基準も全くの不明。

また、詳細は不明だが、魔界と人間界の繋がりすらも、この本を運営する何らかの力によってもたらされているらしく、まさしく神の被造物としか言いようが無い。
事実ファウードの体内には魔界と人間界を行き来する事のできる転送装置が組み込まれていたが、戦いが終了した後は一切起動できなくなった模様。

ガッシュの本は特に顕著で、クリアとの最終決戦においては色が赤から金色に変わり、絆を結んだ魔物達の「シン級」術を本人たちの魂と共に行使できる究極のチートぶりを発揮。宇宙をも脅かすほどに暴走したクリアを完全に圧倒し、倒し切ったあとは元の機能と赤色に戻った。

ブラゴ&シェリーとのガチンコを制し、最終的な勝者がガッシュと清麿に決まると、「赤い本」は魔物関連で人間界が被った被害を超常的な力で修復し、清麿にも「望むままの財産か、戦いの思い出を残すか」の選択を投げかける。清麿は迷わず後者を選択。
そのまま魔界へ帰ったガッシュと共に本も消えたが、番外編においてガッシュの危機に際し再び清麿の前に現れている(そしてガッシュが危機を乗り切るとまたどこかへと去って行った)。

関連記事

親記事

金色のガッシュ!! こんじきのがっしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「魔物の子の本」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83505

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました