ピクシブ百科事典

鹿狩雅孝

かがりまさたか

鹿狩 雅孝は断章のグリムに登場するキャラクターである
目次[非表示]

概要

CV:三木眞一郎

古物商「神狩屋(かがりや)」の店主にして騎士団の世話役。
世話役として雪乃や颯姫、夢見子の世話をしており〈泡禍〉に巻き込まれ悪夢の世界へと踏み入った蒼衣を導いていく
周囲の人間からは本名でなく神狩屋と呼ばれることが多い

基本的に世話役としての蒼衣たちへのスタンスは普通の日常を過ごさせることでありなるべく悪夢の世界に深入りさせないようにしている

断章

保持する断章の名は〈黄泉戸契〉(ヨモツヘグリ)
不老不死の断章でありどのような傷を負ったとしても瞬時に回復する。一見すると不老不死の夢のような断章だがこれは「死にたくても死ねない」という悪夢であり彼本人がどれだけ望んでも死ぬことはできない

なお彼の血を摂取することで傷を回復できるがこれは回復薬のような都合のいいものではなくいわば悪夢の伝染であり普通の人間に使えば回復を通り越して<異形>化してしまう。
耐性のある保持者にもあまり多く使用すると悪影響がでるので使用する際は様子を見ながら少しづつ使うようにしている

海部野 志弦

神狩屋の婚約者
生まれつき病弱で余命僅かだったが入院していた病院で神狩屋と知り合い互いに恋に落ちる
その後は駆け落ち同然で逃げ出し一緒に暮らし始め幸せな日々を過ごした・・で終われば切なくいい話なのだが甲田ワールドは甘くなかった

その後彼女は自殺してしまい神狩屋にとっての強烈なトラウマを作り彼を保持者へと変える発端になった
カレーシチューのくだりを読むとしばらくカレーシチューが食べれなくなるかもしれない

神狩屋にとっては愛する婚約者であると同時に自らを永遠に死ねない悪夢に叩き落とした原因でもあり彼女のことをいつか自分が憎んでしまうのではないかということに恐れている
そのためこの世には霊魂も生まれ変わりもなく心霊現象と呼ばれるものは全て神の悪夢が見せる偽物であり死者の人格など存在しないという主張をしている
こうすれば彼は心おきなく神の悪夢を憎めるからである
愛する婚約者を憎みたくない一心で出した答えだがその代償として永遠に生き続ける彼は婚約者の霊魂や生まれ変わりに再会することも奇跡的に死ねたとして死後に彼女と再会することもできないという絶望の中を生きることになった

狂気

他の騎士たちと比較すると非常に常識的であり何も問題がない健全な人物のように見える
だが彼もまぎれもなく悪夢に心を破壊された保持者であり自らの断章により「死ねない」という現実に絶望しきっており同じくロッジの世話役であるリカからは「この世の全てに興味がない」と指摘されている

葬儀屋の瀧 修司とはその境遇から互いにシンパシーを感じていたらしくめったに人と話さない瀧も神狩屋には心を開いていた
だがその瀧が死亡した際も原因となってしまった蒼衣に対し「仕方ないよ」で済ませ友人であった入谷の遺言にさえ何も感じないほど心の中は枯れ果てている

pixivに投稿された作品 pixivで「鹿狩雅孝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 299

コメント