ピクシブ百科事典

Celldweller

せるどうぇらー

Celldweller(セルドウェラー)とはアメリカの音楽プロジェクトである。
目次[非表示]

概要

Celldwellerはアメリカ・ミシガン州・デトロイトで主に活動しているスコット・アルバートこと、クレイトン(上の画像参照)の手によるインダストリアル・メタル(簡単に言えば電子楽器とロックを融合させた音楽)音楽プロジェクトである。
因みに彼はクリスチャンの家庭で育ち、弟がいる。
様々な楽器に精通しているマルチプレイヤーであるクレイトンは1999年、以前まで活動していたインダストリアル・バンドを解散し、このCelldwellerとしての活動を開始した。
どの曲も一つ一つが強烈なインパクトを放っており、ロック好きにはたまらない曲ばかりとなっている。
たとえロックに興味がない人でもかっこいいと思うことはあるだろう。
作曲、演奏、リミックス、DJやライブなど、多方面で活躍している。また、映画やゲーム、トレイラーやテレビ番組に楽曲を提供したりしている。日本ではあまり馴染みのない音楽プロジェクトだが、最近ではデッドライジング2、デッドライジング3のBGMに使用されていることが有名だろうか。
余談だが、デッドライジング2のエンディング曲である「kill the sound」はクレイトンがデッドライジングのためだけに制作した曲である。
しかし、残念なことにこのCelldwellerのCDには日本盤がないのである。

活動経歴

1999年 Celldwellerとして活動を開催する。まず3曲のデモ曲と2曲のトランス楽曲が収録された限定版EPを発売。すぐに完売した。
2003年 ファーストアルバムリリース。
2004年 Just Plain Folks Music Awardsの7つのアワードである「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「プロデューサー・オブ・ザ・イヤー」「インダストリアルアルバム・オブ・ザ・イヤー」「メタルソング・オブ・ザ・イヤー」「ベストインダストリアルロックソング(2曲)」「ベストロックソング」を見事受賞した。セカンドアルバム製作開始。
2008年 短いインスト曲集のCDをリリース。ゲームなどに使われることを想定して作られている。実際にデッドライジング2にてその一部が使用された。
2009年 セカンドアルバムリリース。また、この頃にデッドライジング2のエンディング曲である「kill the sound」の製作が始まっていた。
2010年 Celldwellerとして初めてのライブ活動を開始する。
2011年 4月にアメリカにて大発生した竜巻災害による救済を目的として同年5月に売り上げの20%を赤十字に募金した。
2012年 ライブで披露した曲の音源を収録したCDをリリース。
2013年 ファーストアルバムのリリース10周年を記念して、このアルバムを5月に豪華2枚組のアルバムとして再発売された。この頃、デッドライジング3のための楽曲の製作に乗りかかる。さらにセカンドアルバムのテーマを元に構想された小説を発表する。そして新しいプロジェクトとしてアーティストVarienとのユニット「Scandroid」での活動を開始した。
2014年 活動中。
2015年 YouTubeに曲をupしたりするなど、精力的に活動している。
2016年 新曲をYouTubeにupした。最近少し肥えた。

関連イラスト

Venus
BEARDWELLER


Klayton


関連タグ

音楽 ロック デッドライジング2 ゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「Celldweller」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2985

コメント