ピクシブ百科事典

F-82

えふはちにい

元々は第二次世界大戦中、爆撃機に長躯随伴するために開発されていた戦闘機。開発期間短縮のためにP-51の機体を2機連結しているが、結局戦争には間に合わなかった。その後朝鮮戦争に投入され、護衛戦闘機や偵察機として活躍した。休戦の後は間もなく退役している。
目次[非表示]

まるで架空機のような恰好をしているが、ちゃんと実在した戦闘機である。
型式番号は『F-82』(命名基準変更前は『P-82』)。

P-51の設計を流用した長距離戦闘機であり、「ツイン・ムスタング」と名づけられた。
その姿は文字通り『ムスタングの双子』である。
武装はP-51と同じく12.7㎜機銃が6連装されており、もちろん一撃離脱にも威力を発揮した。

求ム 長距離援護機

第二次世界大戦前のアメリカ、とりわけアメリカ陸軍航空隊(USAAF)では、
爆撃機(B-29)の飛行に完全に随伴し、護衛できる戦闘機を求めていた。

だが、当時の戦闘機(P-38P-47P-51等)ではいずれも航続距離が足りず、
またはパイロットが一人なので、操縦の負担も大きい短所があった。

そこで要求されたのが『爆撃機に随伴し、長躯護衛できる護衛戦闘機』である。
これに対してノースアメリカン社が提案したのが「F-82」で、
なんとP-51を2機繋げた恰好になっている。

これは開発期間を最短にするための措置で、もちろんエンジンも同系になっている。
両方のコクピットに操縦装置があり、2名の搭乗員は交替しながら操縦できる。
(もう片方は航法を担当)

『ツイン』たる所以

もちろん、主翼で左右をつなげた恰好に由来している。
武装はP-51と変わらないが、搭載量などがほぼ2倍となった。
さらにエンジンが改良型になっているので、最高速度も良くなっている。
(742km/h:6400m)

二人乗りなのを生かして夜間戦闘機型も作られた。
これがF-82F/Gで、それぞれ100機と50機が生産されている。
また夜間戦闘機ならば単純な「迎撃機」でよく、一撃離脱を生かせる利点もある。

ただし昼間では「軽快な単発戦闘機」との空戦で太刀打ちできない。
これはP-38Me110のような双発戦闘機に共通の項目であり、
運用が短命で終わった要因ではないかとも考えられる。
(他にもF-89やF-94など、「もっと高性能の戦闘機」が開発された事もある)

『双子機』

このような双子機はHe111にもあり、輸送グライダー(Me321)を牽引するために作られた。
ちなみにこのグライダーには動力型も作られており、これがMe323である。

関連記事

親記事

P-51 ぴーごじゅういち

pixivに投稿された作品 pixivで「F-82」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4886

コメント