ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

入手しやすいつけペンの一種。

かつて、手塚治虫は速く描けるという理由で採用していた。

と云われるが、戦後、生産力が著しい低下の中にあって良品が入手しやすかったからとも言われる。そんなわけで昔の漫画家の必需品だった。

 漫画入門本では神様からの伝統で必ずGペンを推奨しているが、今はいろいろな手段があるので一択というわけでもない。インクの扱いに不慣れな現代っ子だと、むしろ速度が低下するかインクをボタボタ落とすことになりやすいので慣れる覚悟が必要。


特徴

強弱が付け易いが、一定の太さの線を線画するのに熟練を要する。

ペンの構造上、下から上へ引こうとすると引っかかる。

また、インクの保持に表面張力を利用するため、インク垂れを引き起こしやすい。


G-penのG

これには諸説あり、A-pen.からZ-pen.のうちGペンが現在も生産されている説

日本に輸入した時にGが刻印されていたことから来た説。

 Glus(接着)やGlass(ガラス)といった何かの頭文字説などがある。


関連

mameengetc.
丸ペン(maping-pen.)標高線
スクールペン(日本独自のペンだが、G-pen.と間違えやすい)
筆ペン
カブラペン(誰か、英語表記がわかったら書いてください。)
日本語ペンカブラペンを日本語表記に特化させたもの。

関連記事

親記事

つけペン つけぺん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2296040

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました