ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

イタリアマセラティが、創立90周年にあたる2004年に発売したスーパーカー

FIA GT選手権への参戦のために企画されたホモロゲーションモデルである。
エンジンは当時の親会社だったフェラーリの6リッターV型12気筒を使用した。
本来はシャーシもフェラーリをベースにする予定だったが、こちらは自社オリジナルとなった。

白と青のツートンカラーの車体色は日本の富士山に由来し、名前も「Bianco Fuji(富士の白)」と呼ばれる。

ホモロゲーションモデルであるため量販を目的としておらず、2004年から翌年までに55台が生産され、うち50台が販売されたのみに終わった。
日本では、ルームミラーが無い事とリアウイングの幅が車体より大きい事から、そのままの状態では車検が取得できない。

また、2006年末には完全なサーキット専用モデル「ベルシオネコルセ」を12台限定で発売した。

モータースポーツ

本命であったFIA GT選手権では好成績を収め、優勝も経験している。
一方、2006年には日本のSUPERGTにもGT500クラスで参戦する計画があり、実際にテスト走行も行われたが、ライバル勢と渡り合える性能が発揮できず、中止となった。

関連項目

マセラティ レース

関連記事

親記事

マセラティ ませらてぃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「MC12」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 782

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました