ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

カナ書きすると『オンキー』と小さいョを使わない点に注意。

創業は1946年9月、設立当初の社名は大阪電気音響社であったが、翌年に大阪音響に社名を変更、現在のONKYOの社名になったのは設立25年後の1971年。


OEM供給に関しては東芝のREGZAの一部のモデルにONKYOのスピーカーが採用されている。同社がかつて東芝グループだった名残である。


日本の老舗オーディオメーカーであり、手頃な価格帯と確かな音質に定評がある。とくにコンパクトオーディオで高い評価を得ていたのだが…


終焉

ソニーがウォークマンを出して以来、音楽を楽しむ機械は従来のオーディオ機器から携帯端末へ移行してしまい、2000年代には携帯電話Appleの発売したipodが世を席巻、それまでオーディオ一本槍であったONKYOは苦境に立たされることとなった。他のオーディオメーカーが組織再編や新規事業開拓によって活路を見いだしたのに対しONKYOは、サポート無くてもOKな猛者向け格安PCメーカーとして知られたSOTECを買収し、真逆の国内生産高級路線に切り替えるなど迷走した。


2015年にパイオニアのホームAV部門を買収するも状況はあまり変わらず、パイオニアの製品を販売するに当たって自社のオーディオ製品展開が縮小してしまっている。2019年には自社のホームAV事業を米企業に譲渡する方針を発表。オーディオ製品展開が消滅するわけでは無いものの、オーディオファンに少なからぬ衝撃を与えた。結局この一件は頓挫してしまい、資金繰りも悪化したことから、経営状況を立て直すべく本社を東大阪市に移転。


2020年のコロナ禍も災いして債務超過に陥ってしまい、苦しい状況が続いた。

2021年には債務超過の状況が好転しなかった事もあって上場廃止が決定した。

これに伴い、祖業であるホームオーディオ部門はSHARPと米音響機器メーカーのVOXXに売却され、ONKYOは事実上SHARPの傘下に降った。


2022年には修理保障を担当していたオンキョーマーケティング社とOEM生産を担当していたオンキョーサウンド社の子会社二社が破産。

そして2022年5月13日、オンキヨーホームエンターテイメントは破産を申請。度重なるコロナ禍の影響で海外の工場が稼働できず、世界的な半導体不足によって製品を生産することもままならなくなってしまい、負債を返す当てもなくなってしまったことから、これに踏み切らざるをえなかった。

これにて、オンキヨーの76年に及ぶ歴史は一旦、幕を閉じた。


復活

オンキヨーはオーディオ機器製造メーカーとしては終わったが、オンキヨーとパイオニアを支えてきたエンジニア達を中心とした音響機器開発企業として再出発することが決定した。

名前はオンキヨーテクノロジーと改め、傘下に入ったSHARPとアメリカの大手音響メーカーであるPAC主導のもと、音響機器の設計・開発に専念する企業として再構築されたのである。

自社生産は叶わなくなったが、SHARPが抱える工場で製品を生産し、PACの物流ラインで幅広く世界に販売するという方式に切り替わった。オンキヨーとパイオニア双方のブランド製品が復活することになり、当面はPACが作って欲しい製品を開発する方針に決まった。


関連タグ

オーディオ

外部リンク

オンキヨー株式会社 公式ウェブサイト


オンキヨーテクノロジーWEBサイト

関連記事

親記事

メーカー めーかー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9467

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました