ピクシブ百科事典

Valanga

ゔぁらんが

Valangaとはイタリア語で「雪崩」の意。ここではBEMANIシリーズのREFLEC BEAT他に収録されている楽曲について説明する。
目次[非表示]

概要

アーティストDJ TOTTO
ジャンルARTCORE(アートコア)
BPM186


機種別難易度

  • REFLEC BEAT
    BASICMEDIUMHARD
    5810+

  • beatmaniaIIDX
    難易度NORMALHYPERANOTHER
    SP7+CN10+CN/BSS12+CN/BSS
    DP6+CN/BSS10+CN/BSS12+CN/BSS


REFLEC BEAT colette Winterで2013年2月16日に追加された「伝説の山」にて解禁できる楽曲。
この山脈はcolette山脈第1~第3まですべて達成しないと出現しないうえに道のりがかなり長く、解禁にたどり着くまでに多くのクレジットを費やす必要がある(現在は緩和されている)。

曲名といい、物々しい雰囲気といい、Winterバージョンにおけるラスボス曲として作られただけのことはあり、HARD譜面は全体的にリズム難、その上TOP絡みの同時や単発のトリルが多く、その上頻繁にLOも絡んでくるなど、高度な認識力が要求される超テクニカル譜面である。同時に解禁された「Vairocana」や「December Breeze」、「VALLIS-NERIA」などの上位譜面が練習になるとまで言われるぐらいであり、colleteが「All Seasons」になった現在においても、※最強譜面の座に君臨していた「HAERETICUS」、summerバージョンのボス曲で同じくTOTTOが作った「海神」に勝らずとも劣らぬ難しさなので選曲する際は注意が必要である。

※:過去形なのはが来る前の話

デビュー作にしてボス曲

ジャパンアミューズメントエキスポ(JAEPO)2013のイベントにてDJ YOSHITAKAいわく、オフィスでTAGの隣の席にいて、よく笑うという「期待の新人」と言われた存在がこの曲を担当したDJ TOTTO
もし新人というのが本当なら音ゲー全体でもかなり珍しい待遇となる。佐々木博史96PONなど過去の例からすればいきなりボスを担当するということはありえなくもないが…?

「ボス曲をいきなり新人が担当するのか?」
「またBEMANIコンポーザーの別名義でしょ?」
「もしかしたらFLOOR採用者なんじゃ?」
Qrispyのようなコナミ所属のディレクター」
などさまざまな推測が投げかけているがまだ彼が何者か知る者は誰一人いない。

…と思われていたが2013年4月6日に行なわれたサントラ発売記念インストアライブにおいて、本当の意味で『期待の新人』であることが判明。

他機種への移植

2013年7月29日開始のbeatmaniaIIDXpop'n musicREFLEC BEATの3機種連動イベント「クプロ・ミミニャミ・パステルくんのみんなで宇宙戦争!!」にてbeatmania IIDXとpop'n musicに移植された。ちなみにpop'n musicでの本曲の担当キャラはフォーゲル椀田。彼が担当するのはpop'n music 11(2004年3月稼働開始)の「登山者達」(のちに「登山者たち」に表記統一)以来となる。

IIDXはNORMAL譜面でも7と高く、全譜面にチャージノートが盛り込まれ、SPN以外の譜面にはBSSも含まれているため、CNを押しっぱなしにしながら他の鍵盤を捌かなければならないという忙しさである。
ポップンのEX譜面は48。これまた雪山に相応しいほど体力を消耗する譜面となっている。全体的に小さな発狂が絡んだ階段譜面だが、密度はかなり高めで忙しい。特に後半は非常に左右振りが激しいため、見た目以上に難しいので選曲する際には注意。

余談

楽曲の序盤と終盤に聞こえる※2「テテテッ♪テテテッ♪」のリズムがいかにもあのファストフード店でよく聞くであろうあの食べ物が揚がった音に聞こえてしまうという人は少なくないだろう。
おかげでこんな音MADが出来てしまった(ニコニコ動画)↓
http://www.nicovideo.jp/watch/nm20120674

※2:「中華急行」でも聞ける

関連タグ

DJ TOTTO
REFLEC BEAT
beatmaniaIIDX
Pop'n Music
みんなで宇宙戦争
フォーゲル椀田

関連記事

親記事

BEMANIシリーズの楽曲一覧 びーまにしりーずのがっきょくいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Valanga」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4603

コメント