ピクシブ百科事典

目次[非表示]
  1. 集積回路のこと。(Integrated Circuit)本稿で説明する。
  2. インタークーラーの略(Inter Cooler)
  3. インターチェンジの略(Inter Change)


集積回路の概要

特定の複雑な機能を果たすために多数の素子をひとつに纏めた電子部品。主に増幅器や演算器などの機能単位でまとめられた小規模なものがそう呼ばれ、CPUやメモリチップなどシステムを集積した大規模なものはLSIと呼ばれることが多い。

構成

モノリシック集積回路

1枚の半導体基板上に回路素子を形成してアルミニウムなどを蒸着して配線し、それを小片に切り出して規格化されたパッケージに収めたもの。1枚の半導体基板から複数~多数製造可能なため安価。

ハイブリッド集積回路

複数の半導体基板を内蔵したものや、セラミック基板やエポキシ樹脂基板上に配線パターンを形成して個別部品を半田付けして作るもの。製造価格が高価になるが、その反面モノシリックICでは耐えられない苛酷な環境や高負荷に対応できる。

関連タグ

LSI 半導体 シリコン ゲルマニウム

pixivに投稿された作品 pixivで「ic」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9278

コメント