ピクシブ百科事典

ray(楽曲)

れい

rayとは「BUMPOFCHICKEN」の楽曲名である。

概要

「ray」は、BUMP OF CHICKENのニューアルバム「RAY」の収録曲で、2013年10月開催のバンド­初の日本武道館ライブで初披露された楽曲である。
タイトルや後述のPVの説明からも分かるようにBUMPでは非常に珍しいシンセサイザーを多用したポップナンバーである。

MVのディレクターは、BUMP OF CHICKENとは初タッグとなるクリエイティブプロダクション・A4Aの東市篤憲氏­が担当。楽曲のタイトルが「ray」(光線、光芒)であることから、MVは"光"をモ­チーフとし、さまざまな形できらめく光の中でメンバーが演奏する様子を捉えた映像に仕­上がった。

メンバーが囲むセットは「360°ホログラム」と呼ばれ、中に設置されたプロジェクタ­ーに光が映し出されます。このプロジェクションマッピングのために、光の量が最上級(­2万ルーメン=約1300ワット)のプロジェクターを計8台投入し、幻想的な映像世界­を作り出した。

また今作はCGに頼ることなく、バンド史上最大規模(直径12 m×高さ6.5m)のセットを実際に組んで撮影。スタジオで撮った映像にもかかわらず­、壮大な宇宙空間を思わせる圧巻の内容となっています。

またこの楽曲のPVには音源ソフトの歌姫が使われており、コラボレーションが実現した。

2014年7月には初の民放の歌番組出演となったミュージックステーションで披露された曲の一つ。
2015年の紅白歌合戦でもライブ会場からの中継で披露している。

関連イラスト

ひとりぼっちはこわくない…
RAY

コメント