ピクシブ百科事典

いつかのホームラン

いつかのほーむらん

いつかのホームランとは河合じゅんじによる漫画である。
目次[非表示]

概要

コロコロアニキにて復活した「かっとばせ!キヨハラくん」が清原和博被告の逮捕によって休載処置が執られた為、代作として第5号で掲載された作者である河合じゅんじ氏による「アンサー作品」。

いつものギャグ漫画ではなく、ドキュメンタリー風に清原被告の事件後の河合氏の心情を描いたものとされている。

吹き出しのセリフは河合じゅんじの最後部分たった一つしかなく、河合氏のこれまでの作風と真逆の切ない描写となっている。

あらすじ

何らかのショックの為か原稿執筆が手に付かない漫画家がふらっと見かけた少年野球のハツラツとした試合と、「3番ユニフォームの少年」がホームランを決めてチームメイトに笑顔で迎えられる光景に「いつかのホームラン」と重なった彼の目には・・・。

こぼれ話

河合じゅんじのウェブページにて不定期で更新される「じゅんじの一日」にて、薬物報道後の2016年2月の初めに編集者との2度目の打ち合わせをし、この月で差し替えの「いつかのホームラン」を執筆した。本人は「大変でした」と語る。

不安を抱きながらも、漫画のネームは普段なら7日から10日までかかったのが、僅か3日で完成し、しかも編集者から修正も無く1発オッケーが出たという。

月一回に掲載する野球週刊誌などのイラスト、コラムの仕事も重なり更にギャグ作品ではないので
少年野球やソフトボールのコーチングする時間調整も全く出来ず、丸一日の休みも無く多忙を極め、執筆に取り組んで3週間くらい経つと、気にならなかったラジオの雑音が耳に入りやすくなったり、仕上げトーン貼りに3日も時間がかかってしまった。
原稿完成前日ではあまりの疲労とストレスで頭がクラクラしながらもトーン貼りを終え完成させた。

完成後は10時間以上の睡眠をとり、じゅんじ氏の妻から「大丈夫かと思うくらいのすごいイビキ」だったとのこと。

関連タグ

河合じゅんじ コロコロアニキ

外部リンク

コロコロアニキ - Wikipedia

コメント