ピクシブ百科事典

えの素

えのもと

NEW EREMENTS THAT SHAKE THE WORLD.
目次[非表示]

概要

講談社漫画雑誌モーニングにて連載されていた、漫画家榎本俊二による、ギャグマンガ。全9巻

ほぼ全編にわたって下ネタR-18含む)が展開される上に、異常なまでにハイテンポかつハイテンションでストーリーが進む、そしてネタも大抵不条理なものが多い。

一話丸々サイレントで送られる回も多く、これらの回は、別の話が続いていようが容赦なく挟み込まれ、かつ、全くもって関連性のない、下ネタ全開の非常にナンセンスな内容の寸劇が描かれる。

その過激かつハイスピードな作風は合う人はとことんハマる傾向にある。このテの漫画には珍しく、女子キャラ人気が高いのも特徴である。

登場人物

  • 清掃課メンバー

前田郷介(まえだ ごうすけ)

6


主人公。巻糞みたいな髪型と、極悪人顔が特徴の、バカで、デブで、クズな、ロクデナシ中年オヤジ。

極めて品が無く、人前で全裸になる、射精する、排便するはあたりまえ。『ロッパー』という擬音と共によく嘔吐し、両手を前にかざしては戻すという謎動作で喜びを表現する(この動作は息子のみちろうも行っている)。初期は痴愚行為に、多少、抵抗を持ってはいたが、後半になるにつれて、もはや当然の行動となっている。

元々TSURA社の課長を務めていたが、『無能だから』との理由からクビになり、その後、二転三転した後、清掃課に配属された。

非常に性欲が強く、同課の葛原を始めとして、様々な女性に激しいセクハラを繰り返す。たとえ、こっぴどく仕返しされたとしても、決してめげず、再び同じ行いを繰り返す。これらの行動はよく同課の田村と共に行われる。
さらに、誰に対しても非常に暴力的でもあり、会社の人間だろうが、実の息子だろうが、容赦なく暴行する。その生き様は、息子のみちろうにもしっかりと継承されてしまっている。
そんなスタイルのためか、嫁には逃げられてしまっており、一度再婚を迫ったが、結局かなわなかった。
みちろうへの愛情が全く無い訳ではないらしく、たまに父親らしさを取り戻すが、すぐ忘れる。

ただ、クズのわりに妙に人望があるところもあり、そのあたりはこの人に似ているかもしれない。
「ボイーン!」

田村政和(たむら まさかず)

田村さん


豪介の清掃課仲間。小柄で、一見物腰穏やかな中年男性といった様相だが、その実、盗撮盗聴マニアかつ、郷介同等の性欲を持ち、女性陣に容赦ないセクハラを仕掛ける外道。

自身の気に入った、『うわべではない魂のこもったセリフ』とやらを『名台詞』とし、収集する癖も持ち、時に自分の発言すら録音している。

他人の醜態を別の人物に見せつけることも好み、娘の亮子がおもな犠牲となっている。また、これらのことから、嫁には、たびたびむごい制裁を受けている。
「名言中の名言だ‼」

葛原(くずはら)

葛原さん


清掃課の元紅一点。後ろで大きく束ねた髪に、巨乳、左目の泣きぼくろが特徴の清掃課の綺麗所。
清掃課では唯一まじめに働き、仕事もとてもできる(田村曰く、「嫌みなくらいに段取りがいい」らしい)

郷介&田村から、日々様々なセクハラを受け続けるが、仕事中ならたとえ乳をもまれようとも、ビクともしない。しかし、コンプレックスの巨乳について触れられたり、元々持っているサディズムが刺激されると、たちまち女王様モードに入ってしまい、得意のムチさばきでその場の全員締め上げる。
「いいですよ、へるものじゃないし」

菖蒲沢ひろみ(しょうぶさわ ひろみ)

菖蒲沢ひろみ


尿と郷介をこよなく愛する、スーパーアクロバティック変態OL。元々、同社の総務課に勤めていたが、郷介への愛で強引に清掃課に転属してきた。

それなりに美形なはずなのだが、羞恥の観念が全くなく、下着の露出などに一切の抵抗がない。そのため、非常に好色なはずの郷介にも完全に煙たがられてしまっている(郷介曰く、「男は追い回されるより、追い回したい」らしい)。

極度の愛尿家であり、所かまわず漏らしまくり、自分のだろうが、他人のだろうが、飲みまくる。人の尿で溺れても「幸せ」と言い切れるほどである。

実は処女
「前田さ~ん‼」

日比ススム(にっぴ すすむ)
元、清掃課のメンバーの、重度の老人性愛家。自身の男性機に、老婆の乳房を巻きつけるプレイを好む。
途中、インポテンツに陥ってからは、治療のため各地を転々とする生活を送るようになり、ひろみと入れ替わるような形で、あまり清掃課には顔を出さなくなる。このインポ治療をめぐる珍道中が、他の清掃課の面々をも巻き込んだ、物語後半の壮大(?)な物語へと繋がっていく。
「ロールミー!」

打戻タミ(うちもどり たみ)
日比の愛人の老婆。自身の伸びきった乳房を、ムチのように操り、物を掴んだり、相手のモノに巻きつけ絶頂させることができる。物語後半に、清掃課へと加わり、日比を探し求める日々を送る。
「ロールユー!」

  • 前田家
前田みちろう

6


郷介の一人息子。父親に似て、非常に凶暴であり、小さい子や、クラスの女子などにも容赦なく手を出したり、悪乗りを強要する。
極度のおばあちゃんっ子であり、たとえどれだけ拒絶されようとも、ばあちゃんへのラブは止まらない。

郷介を父として賞賛すべく、稀に愛情表現をしてみるも、大抵裏切られる。
「ばあちゃ~~~ん!!」

ばあちゃん
前田家の祖母。みちろうが大好きな人物で、最初は殺人チョップにて迎撃し続けていたが、次第に折れ、カレーを作ってあげるなど、愛情を見せる面も出てきた。「みちろう、○○!」のたった一声でみちろうを操り、おもに郷介をシメるなど、絶妙なコンビネーションを見せる。

じいちゃん
ほぼ寝たきりの前田家の祖父。寝たきりのくせに性欲だけはすさまじく、よく浮気してはばあちゃんの怒りを買う。

前田道江(まえだ みちえ)
郷介の姉で、みちろうの伯母。お見合いの世話をするのが大好きで、いつも誰かしらに似合いの話を持ち掛けており、怪しい保険の勧誘もよく行っている。
みちろうの将来を心配し、郷介を再婚させようとしたり、母(ばあちゃん)に引き取るよう持ち掛けるも、なかなかうまくいかない模様。

  • 村田家
田村香織(たむら かおり)
田村の妻。旦那同様小柄で、穏やかそうな人物だが、他の主婦をイビったり、店の店主に嫌がらせをしたり、旦那の悪事には拷問による制裁をもって答えるなど、やはり危険な人物。ただ、娘からの信頼は厚い。
「あなたはどうして無視されるの?」

田村亮子(たむら りょうこ)

田村氏の娘


田村の一人娘。この漫画では珍しく、悪乗りもせず、他人に迷惑をかけない人格者だが、そのため他の人々から受ける仕打ちが散々であり、特に父から受ける、彼氏のオナニー動画見せつけ攻撃には、毎度むせび泣く。
「イヤ~~~!!」

森本尊博(もりもと たかひろ)
亮子の学校の先輩で、交際中のカレシ。基本好青年なのだが、非常に発情しやすく、女性の露出を見ると、所かまわずオナニーをしてしまう。この姿を見るたび、カノジョの亮子はむせび泣く。…にもかかわらず、回をまたぐと、何事もなかったかのように仲良くしており、また同じ展開を繰り返す。

田村家との仲は良いらしく、普通に家に呼ばれたりもしている。

  • その他の人物
森さとる(もり さとる)
TSURA社の社長。ごうすけを一度首にした人物その人。物語途中、菖蒲沢に、自身の男性機を切断、拉致され、それを取り戻すべく奮闘するも、ペニスは自決、あえなく女性になってしまった。

秘書
森の秘書。主に森の生処理要員としてこき使われ、自身もその役割に誇りを持っている模様。ただ、森が女性になってからは、ぺ二バンを使った性処理がヘタだと言われ、あげくやけを起こして襲ったほかのOLにも「ドヘタ」と言われてしまった。

大真面目(おおまじめ)
郷介の会社の後輩。名前の通り、基本真面目な男なのだが、郷介の魔の手にかかり、いつも醜態をさらしてしまう。

三上三姉妹(みかみさんしまい)

三上姉妹


郷介の家の近所に引っ越してきた美人三姉妹。名前は上から、見子(みこ)・嗅子(かこ)・聞子(きこ)。三人そろって相手の性事情を分析することに長ける。9巻の表紙にもなっているが、実は出番は最終回の一回きりである。

関連イラスト

圧倒的女子人気。R-18も多いが、原作が既にアレなのでむしろ普通、あるいは大人しいほうかもしれない。
また、パロディイラストが多い傾向にもある。

菖蒲沢さん
SD菖蒲沢さん


えの素完全版購入記念葛原さん
アクション菖蒲沢


葛原さん



関連タグ

ちんこ うんこ ○んこ ロールミー
榎本俊二
ZUN素

pixivに投稿された作品 pixivで「えの素」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1019339

コメント