2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

この探査機が生まれた理由

1986年にハレー彗星が地球に接近するのに合わせて、日本が打ち上げた探査機である。日本としては初めての惑星間探査機であった。またこのハレー彗星の観測に際しては前例のない国際協力体制が構築され、この時観測に参加した探査機はすいせいやさきがけも含めて「ハレー艦隊」とよばれた。

探査機の概要


 さきがけ
  重量は138kg、1985年1月8日にM-3SIIロケットで打ち上げられハレー彗星に699万kmまで接近し、彗星付近の太陽風磁場やプラズマを観測した。

 すいせい
  重量は139.5kg、1985年8月19日にM-3SIIロケットで打ち上げられハレー彗星に145,000 kmの距離まで最接近し、彗星付近の太陽風の観測を行った。

関連項目

 
 宇宙探査機 彗星 ハレー彗星

関連記事

親記事

宇宙探査機 うちゅうたんさき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「すいせい・さきがけ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 837

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました