ピクシブ百科事典

その現実は幻かもしれない

そのげんじつはまぼろしかもしれない

漫画「NARUTO」のキャラクターであるうちはイタチの台詞の一つ。
目次[非表示]

概要

イタチが、一族の仇である自身を討つために現れた弟サスケ対峙した際に、彼に語った台詞である。

全文

「人は誰もが己の知識認識に頼り、縛られて生きている」
「それを現実という名で呼んでな」
「だが知識や認識とは曖昧なモノだ」
その現実は幻かもしれない
「人は皆、思い込みの中で生きている」
「そうは考えられないか?」

関連タグ

NARUTO セリフ
うちはイタチ

pixivに投稿された作品 pixivで「その現実は幻かもしれない」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73

コメント