ピクシブ百科事典

たま駅長

たまえきちょう

たま駅長とは、とある駅の「駅長」となっていた雌の三毛猫である。
目次[非表示]

概要

元々は南海電鉄貴志川線貴志駅の売店の飼い猫であり、母親の「ミーコ」ら他の猫達とともに飼われており、店先で多くの客に可愛がられていた。
ところが経営上の理由で南海電鉄が貴志川線を廃止する意向を表明、同路線は紆余曲折を経由し岡山の両備グループの傘下で「和歌山電鐵」となった。
この経営移管により売店も立ち退き寸前だったが、和歌山電鐵の常務がたまを「駅長」としてプロモーションに起用することを思い付き、2006年に「駅長」となった。

改札の近くにガラス張りの「駅長室」が設けられ、当初はたまの母であるミーコ(2009年に死亡)も「助役」として駅長室にいた。また多くのキャンペーンにも起用され、たま目当ての観光客が多数訪れ、グッズも多数作られた。
取材のマスコミの向けるマイクにタイミングよく「ニャー」と鳴いたり、カメラ目線をこまめにあわせたりと周辺の空気を読む事に長けた性格で、後述の入院中にも和歌山電鐵社長が会いに行き写真を撮ろうとしたところシャキッとした姿勢になるなどのエピソードを持っている。
2012年、既に高齢となっていたたまの業務を一部代行する「駅長代行」として「ニタマ」という捨て猫だった三毛猫が就任。たまは週3〜4回程度の駅への出勤を行っていた。

2015年6月に体調を崩して動物病院に入院していたが6月22日に急性心不全で死亡した。享年16歳で人間に換算すると約80歳にあたり、猫としては天寿を全うした類といえる。
長きにわたって会社と地域を盛り立て、かつては廃止路線候補にも挙げられていた貴志川線を救った立役者の旅立ちを、和歌山電鐵側は社葬の礼を以って見送り、葬儀会場となった貴志駅には会社関係者や地元住民のほか、たまのファンや鉄道ファンらおよそ3000人が訪れ、名駅長の死を悼んだ。

部下

ニタマ SUNたまたま よんたま

関連イラスト

Farewell、たま駅長!
たま駅長 会いたかった
神前みーこ&南海クハ21201&たま駅長



関連タグ

 駅長

関連リンク

和歌山電鐵公式HP
公式ツイッター

pixivに投稿された作品 pixivで「たま駅長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52848

コメント