ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

和歌山県北部の和歌山駅貴志駅間を結んでいた南海電気鉄道貴志川線を、2006年4月1日に継承した鉄道会社。

岡山県両備グループ岡山電気軌道の100%出資による子会社である。社長も同社社長(のちに会長)小嶋光信が兼務。


車両は旧南海貴志川線を走行していた2270系電車(2両編成6本)を塗装も含めほぼそのまま継承しているが、JR九州の車両デザインで知られる水戸岡鋭治氏のデザインにより一部編成において内外装のリニューアルが行われた。

それ以外の編成でも座席の布地が変更されるなどされている。

  • 「いちご電車」:2271編成。2006年改造
  • 「おもちゃ電車」:2276編成。2007年改造 2021年引退
  • 「たま電車」:2275編成。2009年改造
  • 「うめ星電車」:2273編成。2016年改造
  • 「たまミュージアム電車」:2276編成再改造

発足後に貴志駅の駅長に就任したの「たま」は、日本初の動物の駅長として全国的な話題となった。海外にもファンを持つなどその人気は凄まじく、和歌山電鐵の経営基盤の構築に貢献した。

2015年にたま駅長が他界したため、現在では伊太祈曽駅長だったネコ「ニタマ」が後任の貴志駅長となっている。


関連タグ

貴志川線

南海電気鉄道 岡山電気軌道 両備グループ

たま駅長 ニタマ 神前みーこ

関連記事

親記事

両備グループ りょうびぐるーぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38322

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました