ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして→漬物

プロフィール

誕生日2月14日
血液型A型

概要

アニメでのCVは斉藤貴美子。文字通り漬物に顔と手足が生えたようなキャラクター。
1話で初登場し、ビュティに便乗してボーボボの仲間になろうとするも断られた。

この時発せられた「ただしつけもの、テメーはダメだというセリフから、「ただし○○、テメーはダメだ」といった一言ネタが生まれネットスラングとなった。

その後もしつこく付いてきたようだが2話で犬に食われて死んでしまった(アニメ版では1話ラストで置いて行かれた)・・・・・・




























と思われたが、実はボーボボの依頼でビービビの娘であるビタに変装しスパイ活動を行っていた。連載開始から4年半後のことであり読者(と、いつの間にか姉がつけものに成り変わられていた妹のミン)に衝撃を与えた。ちなみに本物のビタはつけもの王国にいたらしい(が、いつの間にか毛の王国に戻ってきていた)。

そしてボーボボ一行に「遅れてきた10人目の仲間」として歓迎されるが、直後に「お前は俺なんだ。」という訳のわからない理由で首領パッチに殺されたあと、ボーボボに例のごとく「ただしつけもの、テメーはダメだ!!!」と蹴っ飛ばされた挙げ句「ビービビ…これでオレ達2人の戦いを汚すクソ野郎は始末したぜ!」「正直オレもあんなヤツが紛れ込んでいたなんて知らなかったんだ…」と宣言されて退場した。
この際ヘッポコ丸は「えっアイツこっちのスパイだったんだろ!??」と困惑していたが、ビュティにすら「いいのよ」と切り捨てられた。

その後、ハジケリスト墓場で再登場。死んだボーボボを生き返らせるために、今にも閉じようとする現世への扉を体を張って押さえ込み「さぁ、みんな早く行って!! ただしつけもの、オレはダメだーー!!」と叫ぶという最高の見せ場を得た。
ボーボボ復活時には歯のような形の扉に挟まれ千切れて死んだ散り際の1コマが小さく描かれている。

真説最終話では何事もなかったかのように現世に復活しており、ユキとともにボーボボの仲間になろうとするも「当然つけもの、テメーはダメだ」とまたもや断られた。

ゲーム版での活躍

GBA1作目『奥義87.5 爆裂鼻毛真拳』では、原作通り犬に食われて退場する・・・が、なんとクリア後のシナリオで再登場し、隠しラスボスを務めるというまさかの展開が待ち受けている。

GBA4作目『爆闘ハジケ大戦』でも登場。実は大会の主催者であり、選んだキャラによってはエンディングに登場する事がある。

・・・・・・原作の描写から考えると、とんでもない大出世である。

関連項目

ボボボーボ・ボーボボ ボーボボ ビュティ
テメーはダメだ 漬物
つけものフレンズ

関連記事

親記事

ボボボーボ・ボーボボ ぼぼぼーぼぼーぼぼ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「つけもの」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「つけもの」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 243124

コメント