2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:松野太紀

概要

マルハーゲ(マルガリータ)帝国の四代目皇帝で、帝国の象徴として「毛狩り」を始めた人物(※ただし、ボーボボの故郷である「毛の王国」毛狩りを進言したのはビービビ)。
マコちゃんを新妻に持っており、全キャラクターの中で唯一のリア充
裏マルハーゲ帝国の皇帝であるハイドレートは自らの弟で、彼が新皇帝決定戦の途中に地上に現れた際にはその力を恐れて側近らと共に逃亡した。
本編では戦闘シーンが一切描かれなかった為、実力は不明。サイバー都市の帝王ギガが彼と同格らしい。

性格

世界を支配するマルハーゲ帝国の皇帝だけあり、冷酷非情で敵対者には容赦がない。
その分人望については皆無であり、新皇帝決定戦では幹部がほぼ全員名乗りを上げたほど(ただし四世本人はまとめてねじ伏せる気満々であり、裏マルハーゲ帝国が出てこなければ本当に一人で返り討ちにするつもりだった模様。つまり最低でもOVERやハレクラニらを全部合わせたレベル、それこそ白狂レベルの強さはあると思われる)。
その反面、マルハーゲ四天王やサイバー都市などの勢力を束ね、複雑を極めるマルハーゲの統治体制を確立・維持しており、政治的な面では間違いなく有能。

その他基本的に侮られることの多いハジケリストを集めた専門の基地を設立し、当時最強のハジケリストだったライスを傭兵として雇用するなど人を見る目は冴え渡っている。

目立つのはプライドの欠如。
先代であるツルリーナ3世は皇帝としての自分に高いプライドを持っていたが、4世はその手の誇りなどは皆無。
相手が自分より強力であれば媚びへつらってでも利用し、隙あらばボーボボ一行との潰し合いを企むなど皇帝にあるまじき小物である(ハンペンたち隊長クラスが目覚めた際に戦場として「ネオ毛狩りランドMAX」を用意したが、内容は3世世代に特段有利なわけではなく、むしろボーボボ達に利用されることも多かった)。
闇皇帝編では裏マルハーゲ帝国の乱入と共にマルハーゲ帝国自体を見捨ててマコちゃん、側近のオクトパスカルと共に全力で逃げ出している。

最悪の「逃げボス」として

しかし、実は4世がもっとも厄介なのはこの小物っぷりにある。
時に威圧的にふるまい、時に媚び諂うその立ち回り方は、見方を変えれば自分の実力と器量を正確に把握・認識していることの裏返しであり、ゆえに身の丈に合わない無茶や過信・慢心による自滅とは無縁。

とにかく身を護ることに関してはズバ抜けており、「真説」では世界を支配した3世が4世世代の毛狩り隊にも攻撃の手を伸ばしていたが、マルハーゲ四天王やその関係者が次々と敗れる中、4世は影も形もなく、物語の終了まで雲隠れを続けていた。
最終的に関東野菜連合の内通者だったピーマンと組み、宇宙ステーションを拠点に「大ピーマン帝国」を築き上げ勢力の拡大を続けていたことが発覚している。

しかもこの事態を招いたのは闇皇帝編直後にボーボボが破天荒の嘆願でビービビ討伐に向かったため=逃げ出した4世を完全野放しにしてしまったためであり、ここでビービビを倒したために彼の毛玉が3世に奪われネオマルハーゲが誕生→ネオマルハーゲと戦っている間に4世が勢力を再構築、という最悪の選択ミスが発生していたことになる。

放置するとどんどん勢力を大きくするが、倒そうにも対峙するまで持っていけないという4世の立ち回り方は、基本的に正面対決しか選択肢のないボーボボ一行にとっては最悪の敵であり、スピンオフでは毛狩り隊の勢力が盛り返してどんどん拡大を続けていることが語られている。

ギャグマンガのキャラである以上、主人公と対峙したが最後敗北は避けられない。
ならばどうするかと言う問いに対して「直接戦わずに勝ち逃げする」という身も蓋もない答えを出して見せた、ある意味革命的なキャラとも言える。


関連項目

ボボボーボ・ボーボボ
鬼舞辻無惨…ジャンプ悪役の後輩。こちらも危機が迫ったらあっさり逃げ出す大ボス。

関連記事

親記事

ボボボーボ・ボーボボ ぼぼぼーぼぼーぼぼ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ツル・ツルリーナ4世」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2030

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました