ピクシブ百科事典

ハイドレート

はいどれーと

ハイドレートとは「ボボボーボ・ボーボボ」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

声の出演:千葉繁

概要

 「新皇帝決定戦編」「闇皇帝編」にて登場。
地上から遥か真下に存在する裏マルハーゲ帝国の闇皇帝。30歳。
 3世編終了後、ツル・ツルリーナ4世主催の「マルハーゲ新皇帝決定戦」にて裏マルハーゲ四天王を地上に派遣させ、自身とべべべーベ・べーべべ白狂の3人の闇世界からの封印を解くための12体の生贄を集めるよう命令。そしてボーボボらが到着した風雲マルハーゲ城にて封印が解かれ10年ぶりの復活を果たした。
 この時、4世を連れて来るように命じていたが当の本人が逃走したため、新皇帝ツル・ツルリーナ5世を名乗った。ボーボボの宣戦布告にも応じ、自身は「地球改造計画」に取り掛かり、その間に部下達に闇独自の3狩りア「闇ルール『UP』」で相手するよう命じた。しかし実際は帝王としての実力を見せ付ける為に自身の力を充填していただけで、ベーベベ含む部下達はそのための時間稼ぎに過ぎなかった。
 その後ボーボボらとの交戦では、自身の「足の裏真拳」のある意味驚異的な力でボーボボらを敗北に追い込んだが、カンチョー君田楽マンなどの雑魚キャラの意外な活躍で形勢逆転になり、最後は怒んパッチとの交戦、ボーボボの鼻毛真拳3大極意「毛心一天」で敗北した。

実力

 自身の足の裏で攻撃する「足の裏真拳」の使い手。
相手に足関連の変な幻覚を見せるほどの強烈な臭いを放っており、その臭いで敵を苦しめたり、足の裏から怨霊のようなものを出して相手の足の裏をくすぐるなど様々な技を持つ。

性格

 ボーボボらが挑んできたボスキャラ(OVERハレクラニギガなど。初期は)は当然のようにまともな人格をしていたが、彼の場合は常人とはかなりズレた思考感覚を持つ人物で、部下達に対する思いが微塵もない冷酷な性格を持つ一方でボスキャラとは思えないギャグッぷりを放っていた。
 帝王の鎧として「ニャンニャンアーマー」という猫のデザインのパジャマを実戦で本当に着用したり、さらにその服の中には油揚げのビキニ(もしくはブラジャー)身につけ、「油揚げうす塩」と書かれた褌をはいていた。この姿にビュティも「こいつ本当にこの闇シリーズのボスキャラなの!?」とつっこんだ程である。
 最後に闇皇帝の鎧「ダーク・ネクロス」という、ようやく立派な鎧を身に着けたがこの時点で既にビュティにあきられている。ボーボボに倒された後の鎧の中も変人同然の格好が身に付けられており、サービスマンから「この男のサービス精神…見事!!」と賞賛された始末である。もはや彼がライスと同様の世界3大変質者の一人になってもおかしくない程である。

過去

 実はハイドレートは4世の実の弟である。帝王教育と帝王としての生活を与えられた兄と違い、ハイドレートは生まれたときから貧相な服装に缶詰缶での食事などという下僕同然の生活を強制的に区別され、この時から兄に対する兄弟としての愛情の欲求と劣等感が生まれていた。
 7歳の頃、自分の兄を守るための真拳を身につけるよう命じられ、3歳の魚雷ガールとその父親の地雷ダンディに「4世と対等に戦える真拳」を望んだにもかかわらず、「どんな地雷にもびくともしない強い足の裏が欲しい」と勝手に解釈され、半ば無理やり「足の裏真拳」を8年後の15歳頃に会得された。
  しかし20歳頃、兄である4世の命令で突然闇世界へ追放されてしまう。本人に問い詰めたハイドレートだが、「俺は帝王 弟など存在しない… まして足の臭い弟などなおのこと」と残酷な返答をされたことで兄への想いは憎悪に変化し、闇世界へ転送された後は裏マルハーゲ帝国を築き、兄への復讐と地上の支配のために力をため続けた。
(闇世界へ追放される途中彼は自身の兄を殺そうとしたが、予告なしに地雷ダンディに一蹴されている)

関連タグ

ボボボーボ・ボーボボ田楽マンビュティ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイドレート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7764

コメント