ピクシブ百科事典

ギガ(ボボボーボ・ボーボボ)

ぎがかっこかませいぬ

「ボボボーボ・ボーボボ」に登場するキャラクター
目次[非表示]

概要

CV:関智一
サイバー都市の皇帝であり、ツル・ツルリーナ4世と互角の力を持つと言われる男。「~じゃん」が口癖。
オブジェ真拳の使い手であり、真拳使いを片っ端からオブジェにしてコレクションしていた。
高慢ちきな性格でボーボボとの戦闘でも当初はオブジェ真拳を全く使わずに相手していた。
その性格に見合うかなりの実力の持ち主で、真拳以外にも無理やり自分を敬わせる「ギガサウンド」、相手の思考を計算し次の動きを完全に予測する「帝王感覚」を持つ。
しかし、最終的にはボーボボの三大鼻毛極意の一つ「熱炎漢浪漫」に敗れ、その後は再登場するたびに倒されるかませ犬と化す。
闇皇帝編ではクリムゾンに戦闘シーンまで飛ばされて瞬殺され、所謂「三悪」と言われるほかの二人のOVERハレクラニどころか絶望君まで生き残る中生贄にされた。4世と互角と言われた力も、当の4世が大会を放り出して逃走したためどの程度のものか最後まで描写されずに終わった。
真説でも柊に瞬殺されて永久監禁労働所送りにされたり、永久監禁労働所でスズ軍艦とともに反旗を翻すもグラさんにボッコボコにされた挙句、首領パッチところ天の助に雑魚真拳呼ばわりされるなど非常に不憫な扱いとなっている。

オブジェ真拳

対象の身体を粘土のように造形してオブジェに変えることができる。また、爪や壁などオブジェを造形することで武器にする、あるいは単純に造形したオブジェを放って攻撃する。
さらに、オブジェ真拳でオブジェに変えた者からパワーを吸い取って変身し、能力をアップさせることができる。また、変身することによって空間を展開できる。空間内では攻撃の方向性を「芸術」のベクトルに限定することができ、芸術性で打ち負かさない限りダメージを与えられなくなる。
変身後の芸術空間は強力無比で鼻毛真拳の極意を封印から解き放つほどだったが、発動するには「負かせて無力化した敵をオブジェに変える」「オブジェからパワーを吸収する」という手間がかかる。再登場の際はオブジェを飛ばす、爪で殴りかかるなど直接的な攻撃が目立っていたことから攻撃の汎用性も高くないようだ。

関連タグ

ボボボーボ・ボーボボ
OVER ハレクラニ(三悪)

pixivに投稿された作品 pixivで「ギガ(ボボボーボ・ボーボボ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258

コメント