ピクシブ百科事典

ときメモGS

ときめもじーえす

コナミが発売した女性向け学園恋愛SLGのシリーズ、及びその第1作目のタイトル『ときめきメモリアル Girl's Side』の略称。
目次[非表示]

この項でシリーズ全般について解説する。第1作目については『ときめきメモリアル Girl's Side』の項を参照。

概要

本家『ときめきメモリアル』が男子高校生を主人公とした男性向け恋愛ゲーム(ギャルゲー)なのに対して、GSシリーズは女子高生主人公の女性向け恋愛ゲーム(乙女ゲーム)である。舞台となるはばたき市は本家ときメモと世界観を共有しており、いずれも主人公が3年の高校生活の間に、男性キャラクターと親しくなることを主な目的としている。女性キャラクターとの友情EDや、DS版からは男性キャラクターとの親友モードなども存在する。2007年発売の『1st Love』を除いて、主人公以外フルボイスである。

シリーズ一覧

GS1
ときめきメモリアル Girl's Side(PS2/2002)
ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love(DS/2007)
ときめきメモリアル Girl's Side 1st Love Plus(DS/2009)

GS2
ときめきメモリアル Girl's Side 2nd Kiss(PS2/2006)
ときめきメモリアル Girl's Side 2nd Season(DS/2008)

GS3
ときめきメモリアル Girl's Side 3rd Story(DS/2010)
ときめきメモリアル Girl's Side Premium ~3rd Story~(PSP/2012)

激震が走った日

2015年3月15日にTwitterにおいてミノ☆タロー(現:箕星太朗)氏のコナミ退社の報告と同時にGSシリーズのプロデューサーでもあった内田明理氏もコナミを退社した事が判明した際にネット上で大きな動揺が起こっていた。これはニュースサイトでも取り上げられ、一つの騒動にまで発展していた。
内田氏が手掛けたラブプラスの存続が危ぶまれる事が大きく話題となる中、GSシリーズも内田氏が手掛けていた為に同時にGSシリーズのファンの間でも新作に対する絶望視が大きくなっていったのである。
2015年3月18日、コナミデジタルエンタテインメントの公式ホームページで一連の騒動を受けてか「ラブプラス」と「ときめきメモリアル」の両タイトルのシリーズを今後も継続するとの声明を発表した。
詳しくはこちら





関連タグ

コナミ SLG 乙女ゲーム
ときめきメモリアルGirl'sSide ときメモGS2 ときメモGS3 ときめきメモリアル ときめきレストラン

ときメモGS100users入り ときメモGS500users入り ときメモGS1000users入り
GS3小説user5入り GS3小説user10入り GS3小説user20入り GS3小説user30入り GS3小説user40入り GS3小説user50入り

はばたき市に5年に一度現われる伝説の小悪魔 

表記揺れ

ときめきメモリアルGS GS ときメモGS1 ガールズサイド GS1 GS2 GS3 ときメモ

外部リンク

ときめきメモリアル Girl's Side ポータルサイト

他の記事言語

Tokimemo GS

pixivに投稿された作品 pixivで「ときメモGS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5873653

コメント