ピクシブ百科事典

ともえちゃん(けものフレンズ)

ともえちゃん

『けものフレンズ2』の登場人物・キュルルをリファインした、二次創作キャラクター。
目次[非表示]

※ pixivにおいて「けものフレンズR」は同タイトルで先発の二次創作(アニメ1期準拠)があり、加えて2期の二次創作企画『R』の発端も本キャラクターであるため、本記事は『R』の記事とは親子関係を設定しないものとする。

概要

 『けものフレンズ2』の二次創作『けものフレンズR』に登場するという設定の二次創作オリジナルキャラクター。
 性別不詳ながらも男性的な要素の多く見られたキュルルのキャラクターデザインをベースに、女性的な要素を追加してリファインしている。

 2019年3月24日ニコニコ動画に投稿された動画が初出で、ニコニコ静画の閲覧者から「ともえ」という命名が提案され、動画作者により通称として採用された。
 投稿直後からニコニコ界隈にて多大な反響を呼び、翌25日に作成されたニコニコ大百科の記事は即座に急上昇ワード1位となり、静画ではファンアートランキングのトップ3を独占した。

設定

人物像

  • 一人称は「あたし」。
  • お転婆だけど思いやりがある性格。
  • フレンズの呼び方は「ちゃん」づけ。
  • 礼儀正しく、お礼や挨拶を怠らない。
  • 共に旅をするパートナーはイエイヌ(雑種)
    • 人によってはG・ロードランナーアムールトラも仲間に加えている場合もある。以下のようなグループ名もついている。
      • ともえ+イエイヌ=開拓者コンビ
      • ともえ+イエイヌ+G・ロードランナー=開拓者トリオ
      • ともえ+イエイヌ+G・ロードランナー+アムールトラ=開拓者カルテット


外見

ともえちゃん



  • キュルルと比較して頬の輪郭を引き締め、髪を増量。おでこ部分には前髪を追加し、伸ばした後ろ髪は黄色のリボンで一つ結びにしている。
  • 服はミライに似た半ズボンと長袖。 袖はやや余り気味で、爪には緑色のネイルが施されている。
  • 足元は大きめのトレッキングシューズ+黒のハイソックス
  • 瞳の色は深いブルーだが、サンドスターの影響で右の瞳孔は赤、左の瞳孔は緑色のオッドアイになっており、パートナーとお揃いの虹彩異色コンビ。制作者が意図していたかは定かでないが、二人の瞳は四神の色に相応する。
  • 八重歯がある。
  • 荷物はショルダーバッグスケッチブック
 ちなみに作者は、サンドスターの影響を受ける以前の彼女の姿について、黒髪・黒眼をイメージしている模様
 また、2019年7月13日には新衣装が提案された。

覇権



舞台

  • 時系列は1期ラストのすこし後ぐらい
  • 主人公は動物図鑑とスケッチブックを所持
  • セルリアンにはへしがある
  • 食料はジャパリまんのみ
  • キャラクター同士が険悪になる展開はなるべく避ける


誕生までの経緯など

 『けものフレンズ2』の放映期間中、ニコニコ動画ではとある動画制作者が凄まじい技術力と勢いで「『けもフレ2』とその制作陣」に対してのヘイト動画を投稿し続けていた。負の感情の渦巻く動画群を生み出すその様子は、視聴者を圧倒する怨念じみた内容と執念から「呪詛兄貴」「祟り神のフレンズ」の異称で呼ばれていた。
 このキャラクターを創作した理由も「『けもフレ2』とその主人公であるキュルルの欠点と解釈した描写を正反対にする」というものであり、原作否定型のヘイト創作の一環であった。

 しかし、経緯はどうあれ生み出された「ともえちゃん」自身は原作を非難・中傷する要素が一切存在しない毒のない二次オリであり、後に提示される二次創作の構想と共に、一人のキャラクターとして、別の物語の担い手として、支持を集めていくこととなる。
設定以上のものが存在していなかった「けもフレRの主人公」という肩書を、有志の三次創作がコメント等の形で補完し始めたことによって、制作者のみならずニコニコ静画においてもポジティブな雰囲気を醸成、不評が多数を占めた『けもフレ2』第9話に端を発する暗澹とした状況を一変させた。
 『けものフレンズ』に対する愛着を持て余しながらも、『2』が描く世界観に馴染めなかった創作趣味者たちが「ともえちゃん」という媒体を得たことで、息を吹き返すようにかつて感じた温かな空気を表現し始めたのである。

 数週間にも及ぶ悲憤と怨嗟の果て、絶望の中から祈りにも似た形で誕生した経緯から、このキャラクターは「呪詛から生まれた祝福の子」と呼ばれ、『けもフレ2』の細谷伸之プロデューサーが発した「ネガティブからポジティブは多分生まれない」という言葉に対して「ネガティブから生まれたポジティブ」の象徴と評された。

 『けもフレ2』への不満を昇華させるポジティブな二次創作活動が勃興したのを切欠とし、制作者は以後、ヘイト動画投稿を取りやめる。
 動画制作に注がれていたエネルギーは静画での構想整理へと注がれ、集まっていたコメント群から導入部分と大まかなストーリーラインを組み上げると、25日の夜には『けものフレンズR』と題した設定集を投稿。
 そして、27日に「あっちのアニメ」を視聴後、今までのヘイト活動の無益さを悟って謝罪すると同時に、投稿したヘイト動画の全削除を行った。
 さらに各種設定の動画版で『R』構想のゆるやかな共有を呼びかけており、新たな自給自足の輪に賛同する声も上がり始めている。

最後に注意

 誤った扱いさえしなければ立派な二次創作として活かす事もできるが、あからさまな公式叩きにともえちゃんを利用しては結局ただのヘイト創作と化してしまい、騒ぎを悪化させようとする愉快犯の格好の餌となってしまう(実際、pixivでもそのようなイラストを投稿する輩が少なからず存在する)。
 前述の通り誕生経緯が決して手放しで喜べるものではない事もあってともえちゃんというキャラに難色を示す人も少なからず存在するので、界隈の現状も踏まえるとそういった扱いをするのは極力控えるべきであろう。

関連タグ

けものフレンズR...このキャラに端を発する二次創作(三次創作)企画
けものフレンズ2 けものフレンズ(二次創作) ヒト(けものフレンズ)
イエイヌ...設定上のパートナー
G・ロードランナーアムールトラ...Rでよく描かれるフレンズ
キュルル...元ネタ

外部リンク

ニコニコ大百科

ともえちゃん(けものフレンズ)
けものフレンズR

素材集や作品公開所の紹介等

けものフレンズR 非公式ウェブサイト
けものフレンズR Wiki

関連記事

親記事

けものフレンズ(二次創作) けものふれんずにじそうさくたぐいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ともえちゃん(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 420970

コメント