ピクシブ百科事典

どもマリ

どもまり

ドラマ『科捜研の女』における、土門薫×榊マリコのカップリング。
目次[非表示]

概要

初期ではなにかと反発しあっていた二人だったが、ストーリーが進むにつれて互いに信頼関係を築いていき、現在は科捜研と刑事、そして男女という垣根を越えた仲である。
しかし、どちらかが危険な目にあうと真っ先に駆けつけたり身を案じるような描写があったりと、時おり友情以上の思いが垣間見える時がある。

だが、どちらとも基本的に捜査に関する事が優先事項な重度のニブチン同士という致命的な欠点を抱えており、(それも双方どちらかに色恋沙汰話が持ち上がる度に話題が出てくるも関わらず、どっちがどっちも「何の話(だ)?」と首を傾けるレベル)このじれったさやもどかしさを遠回りし過ぎる関係も要因といえる。

また、「鑑定(捜査)に情は持ち込まない」という心情も同時に持ち合わせているため、逆に言えばたとえ互いに何があっても目の前の事件を解決する強い思いが二人を結びつけているとも言える。
(実際土門が容疑者を庇って重傷を負った時も、マリコは最初狼狽こそしたものの次には何食わぬ顔で捜査に必要な機材の準備を進めている)

シーズン18の第3話では被害者の足取りを追っている最中、土門が女性とラブホへ向かう所が防犯カメラが写っておりしかもその女性は土門が京都府警へ異動するきっかけとなった事件の関係者)それを見たマリコは表情にこそ出さなかったが出口を間違えるほどの動揺を見せ、更には現像した証拠映像を当人に突きつけて「自白するまで帰さないから」と畳み掛けた。ちなみにそれを見た土門の方は「お前の取調べはキツそうだな」と返していた。

ちなみに何度も返すようだがこのお二人は付き合ってる訳でも夫婦でもない

余談

演じている2人は、国民的アニメ制作会社神々の世界の温泉に丁稚奉公する作品で主人公の両親の声を担当しているため、しばしネタにされることもある。

関連イラスト

なぜか2人で挨拶回り
二頭身マリコさん&土門さん


科捜研 落書き
エンディングのどもマリ



関連タグ

科捜研の女 NL
榊マリコ 土門薫

関連記事

親記事

科捜研の女 かそうけんのおんな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「どもマリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190534

コメント