ピクシブ百科事典

橋口呂太

いままででいちばんかわいいけんきゅういん

テレビドラマ『科捜研の女』の登場人物。
目次[非表示]

演:渡部秀

僕の概要だよ~

名前の読みは(トップではああなってるのでここで説明するが)「はしぐち ろた」。
相馬涼に代わって科捜研に入る。専門は物理
仕事初日におにぎりをほうばりながら遅刻してくる。更には、反省の態度もなく、
「遅刻?だって急に呼び出されたんだもん!」と言い訳をする。
食い意地は強く、サンドイッチを銜えたまま居眠りしたり、また風丘早月と初対面の時には、あろうことか一つ前の先輩と同様に早月が持ってきた差し入れ全部一人で食べようとした。早月先生にとって、とんでもないデジャヴだったに違いない。その後そんな独り占めはなくなったが、早月が差し入れを持ってくる時いつも真っ先に食いつくのは、やっぱり呂太である。

仕事部屋には、三色のお菓子の瓶があり、駄菓子好きのアイツや、糖分命のあの人を思い出した方もいるのではなかろうか?
しかし、食べるスピードは非常に遅い。

また上の職員にも(と言うより、上の職員しかいない)タメ口で話す、礼儀も欠けているので、所長や涌田から注意されていたが、本人に直す気がなく、それを見込んだのか涌田から「私は諦めました。てか、慣れました」と発言された。(一応マリコのことは、「マリコさん」と呼んでいる)
などとマイペースな所が目立つが、捜査となると圧倒的な実力を見せる。
初めて科捜研のPCを使って捜査する時に、焦りながら所長がグダグダと説明している間に、難なく使いこなし見事3Dバイクの図を作り上げた。また、捜査で使用する画像にいたずらで宇佐見のIDカードの画像を混ぜ込んだら、まさかの容疑者の秘密を暴く糸口となった。
と、呂太の何気ない発言・行動から事件解決に至ることが多い。
また観察力も高く、百舌鳥の習性を知っていたり、写真に写った銃を見てすぐに機種を当てていた。

御遺体だけど…

しかし、捜査中につまずいてそれが初対面でトラウマだったからか、遺体は大の苦手である。
現場で遺体を見ると、声を上げて遠くに逃げ出し、物陰に隠れながら捜査の会話をするほどで、初めて遺体に遭遇したときは、撮影等が出来なかったため、宇佐見を呼び出す始末になっていた。
誰が何を言おうと「遺体は生理的にうけつけない」「だって(遺体を)見なくても(捜査)できるもん」と子どもの様な事を言った。だが、マリコと早月が鑑定結果について『被害者は、亡くなる直前怖い思いをしていた』と会話をしていた事に疑問を持ち、「そんなことまでわかるの?」と質問した。また、「御遺体もうちょっと見てればなぁ」と後悔もし始めていた。そこから自分なりに捜査をして、その事件(S16-file9)が解決した以降の事件からは、普通に遺体を捜査するようになった。

みんな来て!余談だ

科捜研の女の台本には、呂太が話すシーンの語尾にハートマークがついているらしい。

マリコが物理研究員を下の名前で呼んでいるのは、呂太だけだったりする。

相馬 「えっ?マリコさん、俺は涼君じゃないんですか!?」

  「なんだって!それは本当かい!?

彼の登場により、2017年現在主人公以外の科捜研のメンバー全員が東映特撮の経験者という事になる(呂太=オーズ火野映司)、日野所長=久保田博士、宇佐見=歌星博士、涌田=鳴海亜樹子役として出演)。
なお権藤を始めとして従来は特撮経験者ばっかり前任者実はそう)だった土門の部下だが、現在の部下の蒲原は逆に非経験者(そもそも『科捜研』がドラマデビュー)だったりする。

関連項目

科捜研の女

pixivに投稿された作品 pixivで「橋口呂太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8028

コメント