ピクシブ百科事典

なつくみ

なつくみ

『響け!ユーフォニアム』の登場人物、中川夏紀と黄前久美子のカップリング。
目次[非表示]

概要

中川夏紀黄前久美子は共に北宇治高校吹奏楽部の低音パートに所属する部員で、両者は先輩と後輩の関係にあり、担当する楽器も同じくユーフォニアムである。
もっとも夏紀の方は吹奏楽を始めたのは、高校進学後の事であり、かつ1年生の時の部の雰囲気に飲み込まれていた為に久美子たちが入部するまではあまり練習に真面目に取り組んでこなかったから、小学生からユーフォニアムを吹いてきた久美子に対して実力は大きく劣る。

久美子が入部した当初もあまり練習に真面目に取り組んでいるとは言えず、また、久美子たち1年生部員に対してもあまり関心を示す様子を見せていなかった。
だが、久美子から練習の誘いの声をかけられ、また、顧問の滝昇の指導により上達を実感したことから練習に真面目に取り組む様になり、また、久美子達1年生部員にも話かける様になった。

夏紀の第一印象はその見た目の為にあまり印象が良いとは言えなかったが、久美子は夏紀と会話をする様になってからは徐々に親しくなり、また、オーディション関連の中学時代からのトラウマを夏紀によって癒された事を機に久美子は夏紀に対してより好感を抱く様になり、更に夏紀が自身の実力不足を素直に自覚し、後輩である久美子に演奏技術に関して躊躇無く助言を求める所も久美子の夏紀に対する好感度上昇に拍車をかけている。
そして、傘木希美の部活復帰騒動の関係で改めて夏紀から前年の部の状況を聞き出した時には夏紀のあまりの不器用さに久美子は涙を流している(※なお、TVアニメ2期の方では類似の場面の状況が改変された上で久美子は涙を流していない)。
以上より久美子の夏紀に対する評価は不器用だが、とても良い人であり、久美子が2年生になった頃には夏紀を嫌う人(※夏紀と犬猿の仲である吉川優子の事ではない)には夏紀の事を好きになって欲しいとまで思う様になっている。

一方、夏紀の久美子に対する想いについてはTVアニメをはじめ、アニメ化された原作3巻までの内容において夏紀自身の口から明言されていないが、TVアニメ1期12話における吹奏楽コンクール京都府大会における夏紀による久美子とのグータッチの他、原作やアニメにおける久美子に対する夏紀の言動より夏紀なりに好感を抱いている様子が伺える。
そして、久美子達に対する夏紀の心情については原作第二楽章後編のある場面において夏紀の口から明らかにされている。

関連イラスト

わたしとおそろいの髪留め!
なかよしユーフォニアム


夏久美
お揃だね、黄前ちゃん



関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「なつくみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 267

コメント