ピクシブ百科事典

へそ撞き

へそつき

へそ撞きとは、リョナの鐘にみられる技法のひとつである。

を撞く要領でへそ打撃を与えること。
リョナラーの年末行事である“リョナの鐘”にて鐘に繋がれた生贄の腹を撞くとき、
太すぎない大きさの撞木がへそ位置に直撃している場合、“へそ撞き”として成立する。
服などで覆われていない生腹であれば、撞く際にへその位置が解りやすい。
へその窪みを責める形ではないため、分類では“へそ責め”にはならない。

関連項目

いつものnnS
腹責め

pixivに投稿された作品 pixivで「へそ撞き」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 789643

コメント