ピクシブ百科事典

よいこバンド

よいこばんど

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次[非表示]

概要

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。てんとう虫コミックス14巻収録「悪の道を進め!」に登場。
このバンドを頭に巻くと、絶対に悪いことが出来なくなる。これだけ聞けば「便利な道具だ」としか思わないかもしれないが、正確にはどれほどの悪事を行ったとしても、結果的に全てが善行となって周りから感謝してもらえるという恐ろしい道具なのだ。

一例

  • 他人の家に向かってわざと石を投げて窓ガラスを割ると、その家の中ではガス漏れ事故が発生して住人が倒れており、人助けをする形となり住人から「命の恩人だ」と感謝される。
  • セールスマンが持って来た宝石を買おうとした玉子からお金を奪うと、セールスマンが詐欺容疑(宝石は偽物)で逮捕されて玉子から「お金を持って行ってくれたお陰で余計な物を買わずに済んだ」と感謝される。
  • 背後からわざとジャイアンを蹴飛ばすと、そこへビル工事の鉄材が落下していて助かったことになる。
  • 静香のスカートを捲ったら、中にハチがいた。 そして彼女から「ハチを追い払ってくれてありがとう」と感謝される。


このように、バンド使用者が明確に悪意を持って行動を起こしても、全てが善行となって使用者の行動が正当化される。
どんな悪事を行っても全て許してもらえる「悪魔のパスポート」とは違い、こちらは良い行いをしたと感謝されるのだ。
作中では子供のイタズラレベルの悪事しか行われていないが、もしかすると強盗しようが、放火しようが、痴漢しようが、殺人を犯そうが、結果的にこれら全てが誰かを助ける為の善行となって褒め称えられてしまうかもしれない。
悪人に持たせるのはもちろん不味いが、まだ善悪の区別が付かない子供に持たせれば将来とんでもない人間になってしまう危険性がある。何せ「悪行であることを前提として許してもらう」のではなく「良いことをしたと感謝される」のだから……

関連タグ

ドラえもん ひみつ道具

実は……
































ここまで散々恐怖を煽る書き方をしてきたが、実際には『ドラえもんのひみつ道具使い方事典2』にて、バンドに搭載された「悪意修正回路」の働きにより他者にとって良い結果となるいたずらしか出来なくなると説明されている。
よって上記のように悪事が全て正当化されるという訳では無く、最初から他者を助ける善行(となる行動)しか出来ない効果となっているのだ。

関連記事

親記事

ひみつ道具 ひみつどうぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「よいこバンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 415

コメント