ピクシブ百科事典

アイシールド21(選手)

あいしーるどにじゅういち

メディアミックス作品『アイシールド21』に出てくる架空のアメフト選手

概要

 同作品タイトルの目を保護するプラスチック製カバーシート『アイシールド』を着けたゼッケン21番の登録名選手。

 小早川瀬那の正体を隠し、その強靭な脚力を知った他の部活からの引き抜き攻勢を防ぐ為、蛭魔妖一が名乗らせた。

 だが、アメリカ留学経験のある筧駿が、「自分はアメリカでアイシールド21と会った。彼はもっと背が高く、体格のいい選手だった」と語り、セナ以外の「アイシールド21」が存在する事と日本に帰国し、大会に参加していることが明かされた。

 その後、盤戸スパイダーズ赤羽隼人が色付きのアイシールドと背番号21を携えて現れ彼が「真のアイシールド21」かと思われたが、ここでヒル魔から真相が語られる。

 この名前は、「ノートルダム大付属中百年の伝統を背負う、その時代最強のランナーが掲げるエースナンバー」であり、単独の選手名ではなかった。

 ちなみに筧がアメリカで出会ったアイシールドは、帝黒アレキサンダーズ大和猛

 最強を意味する金看板であり、同時にそれを掲げるだけの強い覚悟も求められる。何も知らずに名乗らされていたセナだが、その意味を知り、赤羽や大和ら、他のアイシールドを倒し、自らが真のアイシールドたらんと決意を固めることになる。

 その決意通り格上である超人達を次々と撃破し、大和をアイシールドと認めなかったMr.ドンらアメリカ勢も唸らせ結果として名実ともに真のアイシールドと認められる様になる。

関連タグ

アイシールド21

コメント